このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 給食費の滞納に対する市の取り組みはどうなっているのでしょうか。

回答

 学校給食は、学校給食法に基づき、学校教育活動の一環として実施しており、その実施に必要な施設や設備に要する経費以外の主に食材に要する経費は、児童・生徒の保護者の負担と定められています。
 そのため、学校給食センターは、食材費に他の公共的な料金等の収入を含めず、保護者からの給食費のみを充てる会計で運営しているところです。
 この給食費に滞納が生じた場合、その徴収については、学校における校務の一つとして捉えているため、まず、学校から文書や電話による督促を実施し、次に教育長と校長の連名による文書督促を行い、さらに学校や教育委員会職員による個別訪問といった、段階に応じた対応を行っています。
 また、給食を提供する市と、費用を負担する保護者の間には、法的に債権債務の関係が成り立つことから、本市は、卒業生であっても、未納者に対する督促や訪問など必要な措置を講じ、最終的には、法的措置として、簡易裁判所へ申し立てし、財産差し押さえの強制執行を行うなど厳正な対処を行うこととしています。
 今後も、学校給食の重要性と、給食費の基本的な仕組みを、保護者に広くご理解いただくことと併せて、滞納がある場合には法的措置を視野に入れた厳正な対処を行うことにより、給食費の負担の公平性を保つよう努めてまいります。 

 

 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】

   教育委員会 学校保健給食課  (電話番号:0857-20-3322)
                        (Eメール:kyo-hokyu@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?