このページではJavaScriptを使用しています。

毎年5月17日は「高血圧の日」です

 

日本高血圧学会と日本高血圧協会では、

5月17日 高血圧の日

に制定し、高血圧に関する啓発活動等に取り組んでいます。

血圧測定

 

高血圧とは?

 

「高血圧(症)」は、血圧が慢性的に基準値より高い状態が続く疾患です。鳥取市の国保では、医療費・患者数ともワースト3にランクインしており、医療費を押し上げる要因となっています。この状況が続けば、近い将来、保険料増額という負担を被保険者(市民)に強いることにもなりかねません。では、なぜ高血圧を予防・改善することが切実に訴えられているのでしょうか。

 

 高血圧で血圧が高い状態が続くと… 

 

  血管が破れたり傷つきやすくなる。

  本来の血管のしなやかさが失われてくる。

 

 そして次第に血液の流れが悪くなり、つまりやすくなり… 

 

  脳出血(脳の血管が破れる)

  心筋梗塞・脳梗塞(心臓や脳の血管がつまっておこる障がい)

 

などの合併症を引き起こします。 高血圧(症)は自覚症状が出にくいため、身体変調を“ 気のせい”にしがちです。その変調のサインを見逃さないために大切なことは、家庭血圧をはかって“普段の血圧を知ること” です。

 

最近、家庭用の自動血圧計は、電気店などで手軽に購入でき“一家に一台血圧計”というほど普及が進んでいます。しかし、せっかくの血圧計もその測定方法を間違えると、血圧の状態を正確に把握することができません。“ 正しいはかり方” で家庭での血圧測定を習慣付けて、自身の身体も医療費も大切にしましょう!

 

 

【家庭血圧の正しいはかり方】

 

1 朝と夜にはかる。

 (朝: 起床後1時間以内で朝食・服薬前、夜: 寝る前)

 

2 トイレを済ませて、1~2分椅子に座ってからはかる。

 

3 朝と夜の測定では、それぞれ“2回ずつ”はかって、その平均値

 をとる。

 

4 数値が高かったり、気になることがあれば、週に5日以上測定した

 結果を主治医に確認してもらう。

 

 

【一般的な高血圧の基準】

 

「病院」 で血圧を測定した場合

140/90 mmHg

   

血圧計

 

※)血圧計は上腕式をお勧めします。

「家庭」 で血圧を測定した場合

135/85 mmHg

 

 

◆◇ まめ知識 ◇◆

 

白衣高血圧

家庭での血圧が正常な値でも、病院(診察室)ではかると数値が高くなることがあります。これは、医師や看護師を目の前にすること(視覚)や病院のにおい(嗅覚)などが引き起こす“緊張”が原因と言われていて、この状態を「白衣高血圧」と呼んでいます。数値に大きく差があれば主治医に相談しましょう。 

 

仮面高血圧

病院(診察室)での血圧が正常な値でも、家庭ではかると数値が高くなることがあります。この状態を「仮面高血圧」と呼んでいて、日常的に血圧の高い状態が長く続いている可能性があります。家庭での血圧測定を習慣にして、高めであったり気になることがあれば、測定記録を持って主治医に相談しましょう。

 

高血圧を知る!

高血圧などの「生活習慣病」についてもっと詳しく知りたい場合は、次のリンク先をご覧ください。

  厚生労働省スマート・ライフ・プロジェクト事務局 「生活習慣病を知ろう!」(外部リンク)

  特定非営利活動法人 日本高血圧学会(外部リンク)

  特定非営利活動法人 日本高血圧協会(外部リンク)

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 医療費適正化推進室
電話0857-20-3441
FAX0857-20-3407
メールアドレスtekisei@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ