このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問(FAQ)とその回答

質問

 鳥取市の行政改革の取組を教えてください。

回答

 本市は、昭和61年度に第1次の行政改革大綱を策定し改革に着手して以降、現在、第6次まで改訂し取り組みを継続しています。
 第6次大綱(構想期間:平成27年度~平成31年度)における行財政改革の柱は、自治基本条例の理念に沿った市民等との「協働のもと信頼される都市経営の推進」、人口減少を抑制し安定した財政基盤を確立する「将来にわたる税財源の拡充」、市民ニーズに即応した事務事業の見直しによる「身の丈に合った歳出規模の堅持」、組織力を高め改革意識の高い組織風土づくりを行う「挑戦し続けるマネジメントの確立」としており、これに沿って、平成28年度現在78の取り組みを進めています。
 これらの取り組みの進捗管理は、庁内の「行財政改革推進本部」や、市民の有識者で組織する「行財政改革推進市民委員会」の両面で行い、達成状況等を勘案しながら、毎年度、見直しを行っています。 

 


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   総務部 行財政改革課 (電話番号:0857-20-3111)
              (Eメール:gyouzaisei@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?