このページではJavaScriptを使用しています。

公共交通空白地有償運送について

公共交通空白地有償運送とは

 公共交通空白地有償運送とは、バスやタクシーなどの公共交通機関によっては住民に対する移動手段が確保できないと認められる場合において、NPO法人などの非営利団体が、営利目的とは認められない範囲の運送の対価によって、自家用自動車を使用して運送する運行形態です。
 行政、交通事業者、住民代表などで構成される運営協議会において必要と認められ、運輸局の許可を得ることで行うことができます。
 鳥取市では、公共交通空白地域の解消や公共交通を補完するこの取り組みを応援しています。

 

 

公共交通空白地有償運送の概要

 公共交通空白地有償運送を始めるには、道路運送法で定められた条件が必要です。これらの条件を満たしてから、地域公共交通会議で協議にかけ、承認を得てから運輸支局へ申請することになります。

 

項目

主な条件

運送主体

 特定非営利活動法人(NPO法人)等

運送対象

 公共交通空白地域の住民、その親族などで、会員登録された者

運送区域

 公共交通空白地域、路線バスが運行されているが路線の本数が極端に少ない地域

使用車両

 (1)マイクロバス(乗車定員11人以上の自動車)
 (2)普通自動車(乗車定員11人未満の自動車)
 (3)軽自動車

運転者

 (1)第2種運転免許取得者
 (2)第1種運転免許取得者(2年間停止のない者)で、国土交通大臣が認定する講習を修了している者

運送の対価

 タクシー料金の概ね1/2以内

 

運送の詳しい内容は、国土交通省ホームページをご覧ください。

 

 

鳥取市内で現在実施されている公共交通空白地有償運送

 

ふるさとバス

実施団体

 特定非営利活動法人 OMU  理事長 佐々木 昌彦

利用者

 会員登録された者及びその同伴者

運送の区域

 鳥取市(大郷、御熊、内海中、白兎、小沢見、三津地域)

車両

 普通乗用車2台

運賃

 乗車1回について200円(小学生、障がい者は100円)

運行日

 末恒コース(毎週火・木・金曜日)
 大郷コース(毎週月・水・金曜日)
 ※但し、祝・休日は運休します。

 

 

 

らっちゃんバス

実施団体

 社会福祉法人 鳥取市社会福祉協議会  会長 下石 義忠 

利用者

 会員登録された者及びその同伴者

運送の区域

 鳥取市(福部地域)

車両

 マイクロバス1台、普通乗用車1台

運賃

 乗車1回について200円(小学生、障がい者、70歳以上高齢者は100円  幼児無料)

運行日

 1月4日から12月28日まで
 ※但し、土日祝日は運休します。

 

らっちゃんバス



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 交通政策課
電話0857-20-3257
FAX0857-20-3048
メールアドレスkotsuseisaku@city.tottori.lg.jp