このページではJavaScriptを使用しています。

特別支援教育係の取り組み(平成28年度)

鳥取市小・中学校 特別支援学級担当者連絡協議会 H28.6.30(木)

 

 

鳥取県教育委員会 特別支援教育課 大林 幹嗣指導主事をお招きし、「特別支援学級の『個別の指導計画』の作成」について、お話を聴きました。

自立活動における個別の指導計画の評価・見直し・修正のポイントについて、「(1)自立活動の目標や具体的な指導内容を意識しておく(2)複数の教員で共通理解が大切」ということを教えていただきました。

 

 

その後、「水泳教室」「体験教室」の実施計画や進め方についてグループ協議をしました。子どもたちにとって有意義な活動になるように、どのグループもしっかりと話し合いました。

 

 

特別支援教育支援員研修会  H28.6.2(木)

島根大学教職大学院特任教授 三島 修治先生をお迎えし、「通常学級において特別な配慮を必要とする児童生徒への支援の在り方について」という演題で、講演・演習をしていただきました。

 

【参加者の感想より】

〇三島先生のお話は分かりやすく、アニメも共感することができ、子どもたちの支援の在り方をもう一度見直してみようと思いました。

〇心が軽くなり、「よし、頑張るぞ!」という気持ちになりました。

〇グループ討議のテーマも話しやすいものだったので、たくさん話し合うことができて良かったです。

 

 

第1回 生徒指導専任相談員研修会  H28.5.26(木)

生徒指導狩野司係長の話を聴き、不登校の理解と学校相談室の役割について確認しました。

【参加者の感想より】

〇狩野先生のお話は共感するところが多々あり、たくさんの勇気と自信をいただきました。これからは「声かけ」でなく、「言葉かけ」を意識して生徒に接していきたいと思います。

〇コミュニケーションは、言葉より内容より表情(雰囲気)が一番大切ということが特に心に響きました。笑顔で接していきたいと思います。

 

 

過去の実施内容

平成27年度



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会 教育センター
電話0857-36-6060
FAX0857-26-3878
メールアドレスkyo-center@city.tottori.lg.jp