このページではJavaScriptを使用しています。

山陰新幹線の早期実現に向けた取り組み

 山陰新幹線の早期実現に向けて取り組んでいる団体について紹介します。

 

 

山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議

H25.6.5 「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」発足

 山陰新幹線構想が40年以上進展していない現状を受け、リニア方式を含めた超高速鉄道の整備推進を目的として、鳥取市長を会長に発足しました。

 現在は、2府5県にわたる49の基礎自治体で構成され、調査研究や要望活動を行っています。

 設立総会では、「高速鉄道整備の世界的潮流とわが国の鉄道整備」について、京都大学大学院教授の中川大先生に講演していただきました。

 

H26.6.3 「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」26年度総会開催

 「国土強靭化と高速鉄道」について、京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡先生に講演していただきました。

 

H27.6.5 太田国土交通大臣へ要望書手交

 山陰縦貫・超高速鉄道の整備推進に関する要望書を太田昭宏国土交通大臣へ手交しました。

 

 

 

H27.6.9 「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」27年度総会開催

 総会の中で、「山陰縦貫・超高速鉄道」の整備実現調査研究結果について、京都大学大学院教授の中川大先生に報告していただきました。

 山陰新幹線が実現した場合、整備後40年間で利用者と運行事業者が受ける便益は、3兆3789億円と試算されています。

 

計算結果 

 

新幹線タイプによる整備

リニアタイプによる整備

 利用者便益(A)

1,070億円 

3,345億円

 事業者便益(B)

331億円

4,446億円

  事業者収入増

540億円

7,254億円

  事業者運営費増

209億円

2,808億円

 総便益(年間)(A+B)

1,401億円

7,792億円

 総便益(累積)

33,789億円

187,900億円

 建設費

30,910億円

133,537億円

 

 研究結果 (1MB)(PDF文書)

 

H28.2.9 西田参議院議員へ要望書手交

 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム「北陸新幹線『敦賀・大阪間』整備検討委員会」の西田昌司委員長(参議院議員)へ、「京都府北部地域を経由する北陸新幹線のルート延伸の速やかな具体化」及び「山陰新幹線等の早期実現」についての要望書を手交しました。

 

 西田委員長への要望書手交

 

H28.2.12 京都府知事へ要望書手交

 

H28.3.5 「北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会」設立総会

 「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」の会長として鳥取市長が来賓出席しました。

 

 「北陸新幹線京都府北部ルート誘致推進同盟会」設立総会

 

H28.6.7 「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」28年度総会開催

 総会の中で、「山陰縦貫・超高速鉄道」の整備実現調査研究結果について、京都大学大学院教授の中川大先生に報告していただきました。

 交流人口増加に伴う消費の増加額は、年間377億円と試算され、さらに公共工事による経済波及効果は、8兆4576億円となっています。

 

 研究結果 (1MB)(PDF文書)

 

H28.6.8 「山陰新幹線を実現する国会議員の会」の石破茂会長へ要望書手交

 北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会と合同で、要望書を手交しました。

 

 

 

H28.7.30 山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線京都府北部ルートの決定を求める決起大会

 鳥取市のとりぎん文化会館で開催。「山陰新幹線を実現する国会議員の会」会長である石破衆議院議員、「北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会」会長である多々見舞鶴市長ほか多数の来賓にご出席いただきました。そして、京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡先生、大阪産業大学教授の波床正敏先生にご講演いただきました。

 お蔭をもちまして1,700人を上回る方々にご参加いただき、盛会のうちに無事大会を終えることができたとともに、山陰新幹線実現に向けた機運を大きく高めることができました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

大会概要

 

パンフレット

 

 

H28.10.26 山陰新幹線の早期実現と北陸新幹線京都府北部ルート・南部ルートの決定を求める総決起大会

 東京都の衆議院第一議員会館1階多目的ホールで開催。「山陰新幹線を実現する国会議員の会」の会長である石破衆議院議員をはじめとした多くの国会議員の皆様や山田京都府知事、また、各府県市町村から行政、議会、民間団体など約250名の参加により、山陰新幹線実現に向けた機運を大きく高めることができました。

 

 

 

 

 

大会概要

 

北陸新幹線敦賀以西ルートの決定を受けて

 「山陰新幹線」は、我が国全体の経済力・地域力を大きく向上させ、地方創生を加速させるものとして、さらには、昨今、南海トラフ巨大地震等の太平洋側大規模災害が危惧される中、リダンダンシー確保のためにも、また、「日本海側国土軸」の形成のためにも必要不可欠であります。

 我々は、構成自治体はもとより議会や民間団体など官民一体となって、さらには「山陰新幹線を実現する国会議員の会」の先生方との連携を密にしながら、「山陰新幹線の早期実現」に向け、今後とも積極的な活動に取り組んでまいります。

 

会長コメント

 

北陸新幹線京都府北部ルート誘致促進同盟会

 H28.3.5 舞鶴市長を会長として、京都府北部の5市2町(*)の行政、市町村議会、商工、観光組織により、京都府北部ルート誘致を目的とした同盟会が設立されました。京都府北部ルートの実現に向け、要望活動や機運醸成の取組を行っています。

*5市2町 : 舞鶴市、福知山市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町

 同日、綾部市の京都府中丹文化会館で設立総会と総決起大会が行われ、総勢1,100名が参加し、大きな盛りあがりを見せました。鳥取市長も「山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議」の会長として来賓出席しています。

 

北陸新幹線京都府南部ルート誘致促進同盟会

 H28.9.13 精華町長を会長として、京都府南部の5市6町1村(*)の行政、市町村議会、商工、観光組織により、京都府南部ルート誘致を目的とした同盟会が設立されました。京都府南部ルートの実現に向け、要望活動や機運醸成の取組を行っています。

*5市6町1村 : 精華町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、南山城村

 

山陰新幹線を実現する国会議員の会

 H28.5.19 石破地方創生担当大臣を会長として、京都・兵庫・鳥取・島根・山口の地元選出議員19名により設立され、現在20名で活動されています。このことは、山陰新幹線を実現するうえでとても心強い追い風となります。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 交通政策課
電話0857-20-3257
FAX0857-20-3048
メールアドレスkotsuseisaku@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ