このページではJavaScriptを使用しています。

2016.07.04 ジェネリック医薬品使用促進のお知らせについて 1620-A0021-001

受付日: 2016.07.04   分類: 福祉保健・保険年金・国民健康保険

タイトル
ジェネリック医薬品使用促進のお知らせについて

内容
 市役所から「ジェネリック医薬品使用促進のお知らせ」がよく届きます。私の場合ほんのわずかな額が節約になるようですが、82円の切手を使って送られるてくることについて、とても無駄なことだと感じています。ゴミとして出すのも個人情報もたくさんあり気になります。
 打ち出されたお知らせを機械的に封書するのではなく、1000円以上削減される方だけを選定し郵送するなど考えられてはどうでしょう。


回答
 日頃より、国民健康保険事業の運営に関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
 本市では、平成23年8月よりジェネリック医薬品使用促進のお知らせを処方実績のある、1カ月当たり100円以上の削減効果が見込まれる被保険者の皆さまへご案内しています。
 例えば、生活習慣病で、長期間服用しなければならない方の場合は、月当たりの削減効果額が少額であっても、治療期間全体で考えると、ジェネリック医薬品に切り替えていただくことにより多くの削減効果が生じることとなります。また、このようにジェネリック医薬品に切り替えていただく被保険者の方が増加していくことで、全体の削減効果はより高まっていくものと考えます。
 平成27年度においては、全体で約1億3千万円の削減効果も得られ、国保料の引き下げにもつながっておりますので、格別のご理解をお願いします。
 なお、ジェネリック医薬品への切り替えの状況を確認しながらこのお知らせを再度送付する場合は、最初の送付から最低5カ月の間隔を空けています。また、再通知の送付を希望されない場合は、被保険者の方からのお申し出により停止を行っていますので、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。


  【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
    福祉保健部 医療費適正化推進室
    (電話番号:0857-20-3441)
    (E-Mail:tekisei@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp