このページではJavaScriptを使用しています。

2016.07.06 自動車の運転マナーについて 1620-A0022-002

受付日: 2016.07.06   分類: 企画・市民参画・交通安全

タイトル
自動車の運転マナーについて

内容
 長年自転車に乗っていますが、先日、横断歩道をゆっくり走っていて車にひかれました。しかも赤ちゃんをつれていた時に。
 しかし、相手は110番もせず、病院に電話もせず、自分の用事を先に済ませる始末。さらに、警察からも「車が見えたら止まってください」と私が注意され、まったく意味がわかりません。
 車側は「歩行者が止まる」と思い込み、横断歩道に入ってくるのはやめてもらいたい。将来、子供が自転車に乗ったらひかれそうで怖いです。
 警察がよく自転車を止めているが、車をもっととりしまってほしい。

回答
 交通事故の防止は、警察をはじめ国・県・市はもちろん市民一人ひとりが取り組まなくてはならない課題であると考えています。
 本市においても、交通事故防止対策として、従来から交通ルールの遵守や正しい交通マナーを実践していただけるよう広報啓発活動に取り組んでいるところです。
 今後も交通事故のない安全で安心な鳥取市を目指すため、交通安全対策を積極的に推進していきます。


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   企画推進部地域振興局 協働推進課
   (電話番号:0857-20-3182)
   (E-Mail:kyodosuishin@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp