このページではJavaScriptを使用しています。

平成29年度防災リーダー養成研修の開催について

本研修は、地域の防災活動に積極的に取り組む意欲のある者を対象とし、高度の知識、技能を習得していただき、その地域における自主防災活動活性化のために活躍できる人材の養成を図ることを目的に開催しています。

 

  

  

(養成研修における講義、HUG・避難所運営ゲームの様子)

 

※)HUGとは、避難所の運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして開発されたもので、避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

 

 

日時

  平成29年7月30日(日) / 9:15~16:00

  平成29年8月27日(日) / 9:15~15:15

  平成29年9月24日(日) / 9:15~15:45

 ※1)全日程を受講された方を本研修の修了者と認定し、本市の防災リーダーとして名簿に登録させていただきます。

 ※2)受講者受付にて、お弁当の注文をお受けしています。(昼食代及び交通費は、受講者負担です。)

 

 

会場

 鳥取環境大学 講義室 (鳥取市若葉台北一丁目1番1号

 

 

対象

  地域の防災活動に積極的に取り組んでいる者または取り組もうとされている者

  全日程(3日間)参加できる者

 

 

内容

 

7月30日(日)

8月27日(日)

9月24日(日)

1時限目

「近年の自然災害に学ぶ」

鳥取大学

西田良平 名誉教授

「土砂災害のしくみと被害」

鳥取大学大学院工学研究科

中村公一 准教授

「身近でできる防災対策(共助)」

鳥取大学大学院工学研究科

羅 貞一 助教

2時限目

「実習形式による研修(HUG)」

鳥取市危機管理課

防災コーディネーター

「水害のしくみと対策」

鳥取大学大学院工学研究科

梶川勇樹 助教

「地域の避難計画とハザードマップの活用」

鳥取大学大学院工学研究科

羅 貞一 助教

3時限目

「知っておきたい応急手当」

鳥取消防署

「予警報と気象災害」

鳥取地方気象台

「身近な防災対策」

鳥取大学大学院工学研究科

羅 貞一 助教

4時限目

「津波のしくみと減災」

鳥取大学大学院工学研究科

松原雄平 特任教授

「地震のしくみと被害」

鳥取大学大学院工学研究科

香川敬生 教授

「自主防災組織と防災リーダーの役割」

鳥取市危機管理課

防災コーディネーター

※)9月24日は、防災指導員、防災リーダーのフォローアップ研修を兼ねています。

 

 

参加申込み

 本年度の参加申し込みは締め切りました

 

 

ダウンロード

  平成29年度鳥取市防災リーダー養成研修実施要綱

  防災指導員・防災リーダーの配置状況

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp