このページではJavaScriptを使用しています。

平成28年8月の教育委員会日誌

8月1日(月)~8月3日(水)  郡山市・鳥取市小学生交流会を行いました

 

 平成28年8月1日(月)~8月3日(水)の3日間、鳥取市の小学生(6年生22名)が姉妹都市郡山市を訪問し、郡山市の小学生(6年生18名)と親睦を図りました。

 

 1日目、鳥取空港で出発式を行った後、郡山市に移動しました。郡山市に到着後、鳥取と郡山の交流の原点でもある安積開拓の歴史を学ぶため開成館で研修をしました。

 

 

 

 

 2日目の中心活動は班別活動です。3つの班に分かれての見学や体験で交流を深めました。夜には、班別研修で体験したことをまとめ、班ごとに発表会を行いました。

 

 

 

 

 

 3日目。いよいよ交流最終日。退所式を終えて宇倍神社の見学に行きました。神社の拝殿の中で安積野開拓顕彰会会長の近藤源治さんよりお話を聞きました。その後、ふれあい科学館でのプラネタリウム鑑賞、お別れ会を経て郡山市を後にしました。新幹線が来るまでのホームは最後の別れの貴重な時間となりました。

 

 

 

 

 

 

7月29日(金)~8月5日(金)

平成28年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)相撲競技・ホッケー競技大会を開催しました

 

平成28年7月から8月にかけて、平成28年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が岡山県を主会場とする中国ブロック各県で開催されました。鳥取市においては、7月29日(金)から8月3日(水)にかけてホッケー競技(八頭町会場あり)、8月3日(水)から5日(金)にかけて相撲競技がそれぞれ開催されました。

 

猛暑の中、役員(高校教員等)・補助員(高校生)が運営に携わり、大会を支えました。

 

鳥取県代表は、相撲競技で鳥取城北高等学校が見事団体戦で優勝を果たし、ホッケー競技では八頭高等学校女子が第3位になるなど活躍しました。

 

 

 

  【全国高体連から感謝状を受け取る木下教育長】  【練習の成果を発揮した放送委員(鳥取城北高校)】

 

 

       

  【ホッケー競技の様子】                  【相撲競技の様子】

 

 

 

8月11日(木)~15日(月)  第55回全日本教職員バドミントン選手権大会が開催されました

 

コカ・コーラウエストスポーツパーク鳥取県民体育館並びに鳥取産業体育館を会場に、全国から500人を超える選手が集い、第55回全日本教職員バドミントン選手権大会が盛大に開催されました。

 

 

11日の開会式には木下教育長が出席し、祝辞を述べました。

 

 

 12日から15日にかけて、都道府県対抗団体戦や年代別個人戦などで熱戦が展開され、一般男子団体戦で優勝するなど、地元鳥取県の選手も大活躍されました。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
教育委員会