生まれかわる資源
~ごみ減量とリサイクルの取り組み~

問い合わせ先本庁舎生活環境課電話0857-20-3218ファクス0857-20-3045メールkankyo@city.tottori.lg.jp
グラフ 近年のインクカートリッジ回収重量
(鳥取市役所本庁舎・駅南庁舎回収分)

本市では、ごみの減量とリサイクルを推進するため、さまざまな取り組みを行っています。その一部をご紹介します。

インクカートリッジ里帰りプロジェクト

本市は、廃棄されるインクカートリッジを回収し資源として活用する活動である『インクカートリッジ里帰りプロジェクト』に参加しています。

鳥取市役所本庁舎玄関、鳥取市役所駅南庁舎東入口の2か所で、昨年は66kgの使用済みインクカートリッジを回収しました。

対象は、次のメーカーの家庭用インクジェットプリンターの使用済みカートリッジです。対象外のインクカートリッジやインクカートリッジ以外のもの(ビニールや箱など)を回収箱に入れないでください。ご協力よろしくお願いします。

【対象メーカー】

写真 インクカートリッジ回収箱

学ぼう!エコ研修会

昨年度まで開催していた「段ボールコンポスト講習会」に、4R(リフューズ、リデュース、リユース、リサイクル)についての内容を加えた研修会を実施します。段ボールを使って堆肥を作る方法やごみの減量化のアイデアなど、エコについて気軽に学んでみませんか?(研修会で作った段ボールコンポストは持ち帰ることができます) 参加を希望する人は、生活環境課までご連絡ください。

再資源化等推進事業奨励金制度

限りある資源の有効利用を目的としたもので、再資源化等対象物の回収量に応じて奨励金を交付するものです。

【推進団体】

交付対象は、町内会、婦人会、PTA、子ども会、老人クラブなど、市内の営利を目的としない団体です。奨励金の交付には、「再資源化等推進団体」としての団体登録と実績報告が必要となります。

【再資源化等対象物について】

品目奨励金の額
新聞・雑誌・段ボール1kgあたり6円
布類・アルミ缶・金属類・牛乳パック1kgあたり4円
ビン類1本あたり4円
  • ▶古紙類( 新聞・折込みチラシ・雑誌・段ボールなど)
  • ▶金属類
  • ▶ビン類
  • ▶布類
  • ▶牛乳パック
  • ▶アルミ缶

※いずれも再生利用が可能なもの

※詳細は、生活環境課までお問い合わせいただくか、本市公式ホームページをご覧ください。