このページではJavaScriptを使用しています。

平成28年度 第4回 鹿野地域振興会議議事録

日時
 平成28年8月19日(水曜日)
 午後1時30分から午後3時30分
 

場所
 鹿野町総合支所 会議室
 

出席委員/11名
 田中会長、筒井副会長、乾委員、廣田委員、山下委員、兼平委員、林委員、佐々木委員、伊井委員、井上委員
 

欠席委員/1名
 山本委員
 

事務局
 徳岡支所長、乾副支所長、岡田産業建設課長、上野市民福祉課長、西浦地域振興課課長補佐


傍聴者/なし
 

 

1 開会

2 あいさつ

3 報告事項
 >>資料/鹿野地域小中一貫校推進状況(仮称)(PDF:100KB)
 >>資料/気高道の駅(仮称)整備推進状況(PDF:68KB)

4 議題
 ・委員提案
  (1)防災行政無線について
  >>資料/委員提案(PDF:60KB)
  (2)その他

5 閉会
 

議事概要
 

 

報告/小中一貫校推進状況
 

事務局
 *資料をもとに説明
 

委員
 ブロック制とは何か。
 

事務局
 9年間の義務教育期間を例えば「3-4-2制」、「5-4制」というように学年でまとめたり、区切りを付けることである。
 

委員
 委員会のまとめは推進委員会で行うのか。
 

事務局
 推進委員会を構成する2つの部会で原案を作成する。各部会の共通認識を高めてきたが、第2回推進委員会から具体的な項目の検討になる。
 

 

報告/気高道の駅(仮称)整備推進状況
 

事務局
*資料をもとに説明。
 

委員
 ワーキンググループの中に地元自治会の方が入っておられるが、地元からの要望はなかったか。
 

事務局
 地元からの特別な要望はなかった。現在、魅力ある地域づくり、魅力ある道の駅のあり方を検討しており、推進ワーキンググループ会議2回、整備推進委員会3回を予定している。
 

委員
 パブリックコメントの意見の回答はどうなっているか。意見は反映されているか。
 

事務局
 パブリックコメントの意見を取り入れて基本構想・基本計画を作成している。パブリックコメントに対する回答は一覧表にして公表している。
 

委員
 平成31年の道の駅オープン時に、鳥取西ICと吉岡ICの区間は開通するのか。
 

事務局
 道の駅完成時には全線開通している見込みである。
 

 

議題/委員提案
 

●防災無線について
 

事務局
*資料をもとに説明。
 

委員
 熱中症や食中毒の注意喚起の情報が流れていない。
 

事務局
 鹿野地域ではアナログ放送のため防災無線では流していない。
 

委員
 地域限定の情報や時報のチャイムはなくなるのか。火災のサイレンもなくなるのか。
 

事務局
 地域限定のイベント、行事の放送はなくなる。時報のチャイムは鳥取地域と一緒になる。火災については、消防団員に直接情報が行く。地域限定のイベント情報等はケーブルテレビやホームページなどを積極的に利用してほしい。
 

●その他
 

・週末だけのまちのみせ
 

委員
 9月17日から9月25日のの期間城下町鹿野に週末だけの店が出る。県外からの出店者も増えている。空き家等の利用できる場所が不足しており、今回テントでの営業もある。
 

・そばの作付け推進
委員
 そばの作付面積の目標が50ヘクタールであるが、達成されていない。鹿野産そば100%でのそばの提供をしたいが、年間を通すと生産量が足りていない状況がある。転作作物としてのそばの奨励金や補助金を確保するなどして生産者に利益が上がるようにしてほしい。



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
鹿野町総合支所 地域振興課
電話0857-84-2011
FAX0857-84-2598
メールアドレスsk-chiiki1@city.tottori.lg.jp