このページではJavaScriptを使用しています。

ご存知ですか?「白杖SOSシグナル」

「白杖SOSシグナル」とは


 白杖は、視覚障がい(全盲や弱視)の方が、歩行の際に路面や周囲の情報を得て、障害物などから安全を確保するために使用する白い杖で、安心して生活をおくる上で大変重要なものです。
 

 外出先などで困ったことがあった際に、この白杖を頭上50cm程度に掲げて周囲の方にサポートを求める合図が、社会福祉法人福岡県盲人協会により提唱され、平成25年8月に岐阜市で開催された「第68回全国盲人代表者会議」において、この運動を全国的に推進することが確認されました。

 

 白杖を頭上50cm程度に掲げている視覚に障がいのある方を見かけたら、それはSOSのサインです。正面から声をかけ、何に困っているのか聞いて、みんなでサポートしましょう。

 

 

白杖SOSシグナルを見かけたら


・まず、正面から「どうかなさいましたか。」などと声をかけてください。
 

・お困りごとの内容により、ご自分の肩やひじなどに手をかけてもらい、ゆっくり誘導するなどの支援をしてください。
 

・白杖を持つ手にふれないようにしてください。

 

 

※駅のホームや路上などで視覚に障がいのある人が危険に遭遇しそうな場合は、白杖によりSOSのシグナルを示していなくても、声をかけてサポートをしてください。

 

詳しくは、全国的に普及活動を行っている、次の団体のホームページをご覧ください。

「岐阜市役所」へリンク
 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 障がい福祉課
電話0857-20-3474
FAX0857-20-3406
メールアドレスsyougaifukushi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ