意識していますか?『歯と口の健康』

~11月8日は「いい歯の日」です~

◆歯を失う原因◆

グラフ
平成17年(財)8020 推進財団調査

健康な暮らしのために

口は健康の入り口です。生涯を通じて充実した食生活を送り、健康な身体で過ごすためには、歯と口の健康は欠かすことができません。

歯と口には、食べ物を噛んで飲み込む、話す、顔の形を整えるなどの働きなどがあり、その働きが一つでも欠けると生活に大きな影響が出てきます。

健康寿命にも関わりのある歯周病

歯周病は、歯周病菌が感染することで起こる感染症です。痛みなどの自覚症状がないまま進行することが多く、歯を支えている歯肉や骨が歯周病菌によって壊され、最悪な場合、歯が抜けてしまいます。日本では成人の約8割が歯周病にかかっており、歯を失う原因の第1位です。

歯の本数が減るにつれて、充分に栄養が摂れなくなる、認知症になりやすくなる、体のバランスが不安定になり転倒しやすくなります。また、歯周病菌は、心臓病・脳卒中・糖尿病・誤嚥(ごえん)性肺炎などの全身の病気と関係があると言われています。さらに、低体重児出産および早産の危険度が高くなることも指摘されています。

歯周病を予防するために、毎日正しい歯磨きを行い、定期的に歯科健診を受けましょう。

本市で実施している歯科健診

写真
【ふしめ歯科検診】
対象者
本市に住所を有する40歳、50歳、60歳、70歳の人
45歳、55歳、65歳の鳥取市国民健康保険の被保険者
(対象者には受診券が発送されています)
ところ
鳥取県東部歯科医師会所属の各歯科医院
受診期間
平成29年2月28日まで
内容
歯周疾患・むし歯の有無の検査
【妊婦歯科健診】
対象者
本市に住所を有する妊婦
(受診票は妊娠届を提出された時にお渡しします)
ところ
鳥取県東部歯科医師会所属の各歯科医院
内容
歯周疾患・むし歯の有無の検査
【後期高齢者歯科健診】
対象者
鳥取県後期高齢者医療広域連合の被保険者ただし、医療機関または介護施設などに入院(所)している人は除きます。
申し込み
保険年金課長寿医療係(電話0857-20-3487)および各総合支所市民福祉課
ところ
鳥取県歯科医師会所属で後期高齢者の歯科健診を実施する各歯科医院
(実施歯科医院一覧表は、受診券に同封し送付します)
受診期間
平成29年1月31日まで
内容
歯の状態、噛む機能、飲み込む機能などの検査
問い合わせ先中央保健センター健康づくり係電話0857-20-3194ファクス0857-20-3199