このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市「中核市移行シンポジウム」を開催!

 鳥取市「中核市移行シンポジウム」を開催しました!

※ 本シンポジウムの開催は終了しました。当日は、約350名の皆さまにご来場いただきました。ご参加ありがとうございました。

 

 人口減少と超高齢社会の中にあって、鳥取市は、市民サービスの維持・向上と、山陰東部圏域全体の発展の基礎を築くため、平成30年4月1日の中核市移行を進めています。

 今後、国(総務省・厚生労働省)ヒアリング(平成29年1月頃)へ向けた具体的な協議や、市議会へ中核市指定の申出議案の提出(平成29年2月頃)など、具体的な手続きを進めていきますが、鳥取市が今後も魅力と活力にあふれ、山陰東部圏域の未来に向かって発展するまちであるためには、国と地方の役割分担や住民・事業者と行政との連携強化は不可欠です。

 このような中、市民の皆さまと長期的な視点に立って中核市『鳥取市』の将来像を考えるため、シンポジウムを開催しました。

基調講演  パネルディスカッション

       基調講演                     パネルディスカッション

 

日 時

 平成28年11月24日(木) 14:00~16:30

 

会 場

 鳥取市民会館 大ホール (鳥取市掛出町12番地)(鳥取市役所本庁舎隣)

 

日 程

 基調講演 「中核市移行と地方の未来」

       講 師  一橋大学 副学長 (つじ) (たく)() 氏

 

       配布資料 (6.5MB)

 

 パネルディスカッション 「中核市移行とまちの将来像」

       コーディネーター  公立鳥取環境大学 副学長      小林愼太郎 氏

       パネリスト      鳥取市立病院地域医療総合支援センター

                                   センター長 足立誠司 氏

                    ゆうゆうとっとり子育てネットワーク代表 山田康子 氏                                              

                    鳥取商工会議所青年部 直前会長   田中健志 氏

                    (株)鳥取銀行ふるさと振興部長   入江 到 氏

                    鳥取市長                  深澤義彦

        アドバイザー    一橋大学 副学長             辻 琢也 氏

 

チラシ

 チラシ おもて  チラシ うら

 

 チラシ〔表・裏〕 (PDF 880KB)

 

 

以下の情報も関連がありそうです

 

 ⇒ 鳥取市は「中核市」をめざします

 

 ⇒ パンフレット(平成30年4月鳥取市は中核市へ) (6.6MB)

 

 ⇒ 中核市とは

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務部 総務課
電話0857-20-3102
FAX0857-20-3040
メールアドレスsoumu@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ