このページではJavaScriptを使用しています。

平成28年度秋季名木古木観察会

 

〈日時〉 平成28年10月26日(水)午前9時~午後3時30分

 

〈参加者〉23名

 

〈講師〉 前田 雄一 氏 (生物学会会員・森林インストラクター)

 

〈観察コース〉

 

(1)    子守神社の大イチョウ (市指定天然記念物・青谷町八葉寺) 

 

(2)    清宗院の大シイ(市指定天然記念物・青谷町小畑)

 

(3)    阿弥陀森の大タブ(市指定天然記念物・気高町山宮)

 

(4)    布勢平神社社叢(市指定天然記念物・気高町殿)

 

昼食:鹿野城跡公園

 

(5)    二ノ丸の黒松 (名木古木・鹿野町鹿野)

 

(6)    加知弥神社のスギ(鳥取の名木100選・鹿野町寺内)

 

(7)    白兎神社社叢(国指定天然記念物・白兎)

 

(8)    安長堤防林(名木古木・安長)

 

〈当日の様子〉

 

当日の天候は曇りで、昼過ぎに若干雨が降りましたが、コースを予定通り回ることができました。

参加者の内、初参加の方が約半数で、名木を初めて見たという声がありました。皆さんが、前田講師の説明に熱心にメモを取り、樹木に触れながら自然を感じていました。

 

 

(子守神社の大イチョウ)

 

 

 

ここの大イチョウは、根本からの萌芽枝がほとんど見られません。枝がのびのびとしていて、

光合成がしっかりとできている証だそうです。

 

 

 

 

 

(阿弥陀森の大タブ)

 

 

 

田んぼに囲まれ、他に場所を争う木がない為、これほど立派な木に成長したそうです。

 

 

 

 

 

(安長堤防林)

 

 

安長堤防林は、平成26年に土木学会選奨の土木遺産に認定されています。初めてここに訪れた方が、身近にこのような場所があるとは知らなかったと驚いていました。

 

 

参加者アンケート結果はこちら(←クリックされますと移動します)

 

 

サイト内リンク



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp