このページではJavaScriptを使用しています。

「気高道の駅(仮称)」整備の基本設計を発表します!

 気高道の駅(仮称)整備事業について

 本市では、平成26年度より、山陰道「鳥取西道路(浜村鹿野温泉IC(仮称))~青谷IC」の供用開始を見据え、鳥取市西地域の振興とまちづくりの拠点づくり、市的な観光振興や交流人口の増加につながる『気高道の駅(仮称)整備事業』について検討を重ねてきました。

 基本構想、基本計画を経て、このたび『気高道の駅(仮称)』整備の基本設計をとまとめましたのでお知らせします。 

 

☆基本設計コンセプト

 

「癒しと温もりを感じるリラックスステーション」

 

 

 道の駅を訪れる方々に、鳥取市西地域の豊かな地域資源、観光資源の魅力を感じていただくことで、癒し・温もりを提供するリラックスステーションとなるようこのコンセプトとしました。

 

 

 

◆気高道の駅(仮称)の主な特色

 

  ○道の駅から周辺の田園風景や山並みを望み、癒しを提供できる開放・快適空間

 

   ・周辺環境と一体化する明るく開放的な建物

 

   ・鷲峰山を望む景観や風を感じるレストラン                                              

 

  ○農畜水産物の出来立て加工食品をその場で提供、和紙づくりなどの伝統産業の体験も可能

 

    ・新鮮な地元農産物や海産物等の直売、加工

 

    ・6次産業化を促進し体験可能な加工施設、チャレンジショップスペース

 

 

  ○周辺の自然環境に配慮した再生可能エネルギーの導入等による安全で安心な拠点づくり

 

     ・災害時の拠点となる防災設備

 

      ・地域燃料センターとなるガソリンスタンドを併設

 

   ○源泉52度超の浜村・鹿野温泉により、癒し・温もり・健康を提供

 

      ・地域の温泉を活用した足湯

 

 

【事業概要】

 

1)整備年度     平成28年度~平成30年度 (完成予定時期 平成31年3月)

 

2)総事業費     約1897百万円 

 

3)整備位置     鳥取市鹿野町岡木地内 (山陰道 鳥取西道路浜村鹿野温泉IC(仮称)付近)

 

4)整備予定面積  約19,000㎡ (駅舎部分1,62285㎡)

 

5)整備施設概要

 

  ○駐車場   ◆小型車119台(うち多目的3台、EV充電器1台)、RVパーク2台、大型車22台、二輪車15

 

  ○駅舎     ◆体験加工室・地域交流室、農畜産・海産加工室、レストラン、物産販売コーナーファストフード、

           飲食コーナー、PC情報・案内所、コンビニ

 

           ◆情報・休憩コーナー、トイレブース(パウダールーム完備)

 

  ○その他    ◆足湯

 

           ◆エネルギー備蓄倉庫(木質バイオマス、非常用発電機、キュービクル)

 

           ◆イベント・休憩スペース

 

           ◆多機能用地(イベント広場や臨時駐車場、ドッグランや花畑などに活用)

 

           ◆ガソリンスタンド(用地)

 

 

【ダウンロード】

「気高道の駅(仮称)」基本設計説明書(3.54MB)(PDF文書)

 

 

【整備イメージ】

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市企画課
電話0857-20-3253
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikikaku@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ