このページではJavaScriptを使用しています。

高速道路ネットワーク進展に関する市長コメント


高速道路ネットワーク進展に関する市長コメント

本日、鳥取西道路の未公表区間の開通時期が示され、平成30年までの全線供用及び平成29年内の一部区間での部分供用、さらに鳥取道で整備中の付加車線の一部(大原~西粟倉)も平成30年度に開通する見通しが正式に示された。

 

山陰近畿自動車道鳥取~福部間のミッシングリンク(通称南北線)も、現在計画段階評価の手続きが進められており、いよいよ鳥取自動車道、山陰道、山陰近畿自動車道の連携が現実味を帯びてきた。

 

これは、本市をはじめとする関係自治体や経済団体など多くの関係者の多年にわたる国等への要望の成果であり、圏域の将来展望につながる高速道路ネットワークの進展が加速していることを歓迎したい。

 

鳥取西道路の具体的な開通時期の明示やミッシングリンク解消の動きは、今後の企業誘致や観光振興に好影響を与え、地域経済の一層の活性化が期待できる。

 

引き続き、IC周辺の生活道路の安全対策等をはじめとした所要の対応を進めるとともに、高速道路ネットワークの着実な整備推進を国に対し強く要望していく。

 

 

   平成28年11月9日 


                                鳥取市長 深澤 義彦


国土交通省発表資料

http://www.cgr.mlit.go.jp/tottori/info/press/2015/161109press2.pdf



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 都市企画課
電話0857-20-3253
FAX0857-20-3048
メールアドレスtosikikaku@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ