このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取県中部地震で被害を受けた住宅への支援について

被害住宅の補修費用等について支援します

 平成28年10月21日発生した鳥取県中部を震源とする地震により、お住いの住宅に被害を受けた世帯に対し、り災証明書に記載されたり災の程度(損害割合)に応じて、下記の支援金等の支給及び貸付を行います。

それぞれの制度については支援金等の名称をクリックしてください。(チラシのページが開きます。)

 

※いずれの制度についてもり災証明書が必要です。

り災の程度
(損害割合)
(1)住宅再建支援金 (2)住宅修繕
支援金
(3)災害
見舞金
※(4)災害援護資金の貸付
貸付限度額
全壊 建設又は購入 300万円
225万円(単身世帯)

住宅再建支援金を請求しない場合

5万円

5万円 全体が滅失した場合 350万円
補修 200万円
150万円(単身世帯)
上記以外場合    250万円
(取り壊しの特例  350万円)
大規模半壊 建設又は購入 250万円
187万5千円(単身世帯)
3万円           170万円
(取り壊しの特例  250万円)
補修 150万円
112万5千円(単身世帯)
半壊 補修 100万円
 75万円(単身世帯)(注)
半壊に
至らない
10%以上
20%未満
補修 30万円   (注) 1万円  
4%を超え
10%未満

 

 

5万円 5千円
3%を超え
4%以下
4万円
2%を超え
3%以下
3万円
1%を超え
2%以下
2万円
1%以下 1万円
家財の損害が1/3以上のみで住家の損害がない場合   150万円

(注)一覧表に記載の金額を上限とする。

※ ・鳥取市被災者住宅再建支援金と鳥取市被災者住宅修繕支援金は、いずれか一つのみ請求できます。

   ・災害見舞金と支援金は併給可能です。
      (例)損害割合が5%の場合
        ・・・修繕支援金5万円(損害割合4%超)+災害見舞金5千円=5万5千円

 

請求できる支援金について

 損害割合によって、請求できる支援金が変わります。次のフロー図でご確認ください。

 支援金請求フロー図(PDF:151KB)

 

 

申請及び請求受付について

 り災証明書を交付する際に、それぞれの請求についてご案内します。

 支給にあたっては、口座振込をしますので通帳をご持参いただくと手続きが早くなります。

 受付場所

 (1) 被災者住宅再建支援金 

 危機管理課(本庁舎)、高齢社会課(駅南庁舎)、市民福祉課(気高町、鹿野町、青谷町総合支所)

 (2) 被災者住宅修繕支援金・災害見舞金・災害援護資金の貸付

 高齢社会課(駅南庁舎)、市民福祉課(気高町、鹿野町、青谷町総合支所)

問い合わせ先

・危機管理課 鳥取市尚徳町116 市役所本庁舎4階 TEL(0857)20-3127

・高齢社会課 鳥取市富安2丁目138-4 駅南庁舎   TEL(0857)20-3451

・気高町総合支所市民福祉課 鳥取市気高町浜村282-1 TEL(0857)82-3170

・鹿野町総合支所市民福祉課 鳥取市鹿野町鹿野1517 TEL(0857)84-2013

・青谷町総合支所市民福祉課 鳥取市青谷町青谷667 TEL(0857)85-0012



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ