平成28年市政10大ニュース

鳥取市の平成28年はどんな年だったでしょうか?

市民のみなさんに関わりの深い市政に関する出来事の中から、自治会や文化、福祉、教育、経済界などでご活躍中の12人が平成28年市政10大ニュースを選考しました。

問い合わせ先本庁舎広報室電話0857-20-3159ファクス0857-20-3056

1位鳥取市の新しい応援団、シティセールススペシャルサポーター任命へ

写真 写真

情報発信力のある著名人と協力関係を結び、本市のシティセールスを共に企画・推進していく「鳥取市シティセールススペシャルサポーター」制度を創設。バレーボール元日本代表の山本隆弘(やまもとたかひろ)さんと大相撲幕内力士の石浦(いしうら)関を任命しました。11月27日には山本さんが誘致・プロデュースした、自転車ロングライドイベント「鳥取すごい!ライド」を開催。また、九州場所で敢闘賞を受賞した石浦関による移住定住「SUMO!鳥取市キャンペーン」がスタートしました。

2位第10次鳥取市総合計画がスタート!

写真

平成28年度を初年度とする、深澤市政初の総合計画(3月31日策定)がスタートしました。総合計画は、どのような「まち」にしたいのか、そのためには「どのような取り組みをするのか」を具体的に示した計画です。平成27年9月に策定した「鳥取市創生総合戦略」をこの計画の重点施策に位置付け、「いつまでも暮らしたい、誰もが暮らしたくなる、自信と誇り・夢と希望に満ちた鳥取市」の実現に向けて具体的な方策を示しました。

3位鳥取県中部地震発生への速やかな対応

写真

10月21日午後2時7分、鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.6、鳥取県中部の倉吉市などでは震度6弱を観測する地震が発生し、本市では、青谷・鹿野地域で震度5強を記録しました。市西部地域を中心に、住宅や公共施設などに多くの被害が発生したことから、市域内での住宅被害への支援を実施するとともに、被害が大きかった県中部へ、物資の支援や職員派遣などを速やかに実施しました。

4位「定住促進・U ターン相談支援窓口」の開設から2,000人が移住定住

写真

平成18年9月から「鳥取市定住促進・Uターン相談支援窓口」を設置して移住定住の取り組みを進めてきた結果、7月に移住者総数が2000人に到達しました。1月10日には鳥取市移住・交流情報ガーデンがオープン。「住みたい田舎」、「地域の暮らしやすさ」など魅力を生かした施策に取り組んでいきます。

5位新可燃物処理施設整備に向け大きく前進

写真

東部広域行政管理組合が河原町国英地区に建設を予定している新可燃物処理施設整備事業について、東部広域と地元14集落、構成市町との間で8月1日に「基本協定書」を、11月27日に運転管理や公害防止に関する「細目協定」を締結しました。今後も、東部広域および東部4町と連携し、取り組みを進めていきます。

6位工業団地への立地企業が相次ぎ操業を開始 鳥取県東部の雇用情勢が大幅に改善

写真

河原インター山手工業団地や新津ノ井工業団地、鳥取南インター布袋工業団地などに立地した企業の新工場が次々と操業を開始しました。10月の鳥取県東部の有効求人倍率は1.39倍で、高水準での改善が進んでいます。今後も引き続き企業誘致に取り組み、雇用の確保を図ります。

7位平成30 年4月の中核市移行準備が着実に前進

写真

平成30年4月の中核市移行に向け、県と事務調整を進めてきた結果、県からの移譲事務は約2600事務となりました。今後は、1月に総務省・厚生労働省のヒアリング、2月に市議会への「中核市指定の申出議案」の提出を予定するなど、11月ごろの政令指定まで、具体的な事務手続きを進めていきます。

8位リオオリンピック・パラリンピック代表に鳥取市出身者3人が選出

写真 写真

リオオリンピックのホッケー女子日本代表に阪口真紀(さかぐちまき)選手、大家涼子(おおいえりょうこ)選手が、また、リオパラリンピック陸上代表に野田昭和(のだあきかず)選手が選出されました。応援懸垂幕の掲出や激励金を交付するなど全市を挙げて応援。選手みなさんのオリンピックでの健闘が光りました。

9位新本庁舎建設基本設計が完成 着実に取り組みが進む

写真

市民ワークショップや市民政策コメントなどで寄せられた意見を反映させた基本設計が8月に完成しました。引き続き実施設計に着手するとともに、発注方法などを検討する有識者委員会を立ち上げました。今後も、平成31年秋の新本庁舎完成に向け、着実に取り組みを進めていきます。

10位鳥取市地酒で乾杯条例施行およびどぶろく「どんでん返し」販売開始

写真

因幡地方の酒造の伝統を守り、関連産業の振興に寄与することを目的に「鳥取市地酒で乾杯条例」が6月28日に施行されました。また、平成26年3月に特区の認定を受けた「鳥取市五しの里さじどぶろく特区」で製造したどぶろく「どんでん返し」の販売が、11月19日から始まりました。

選考委員

(選考会は平成28年11月30日開催)
鳥取市自治連合会会長渡邊 勘治郎(わたなべかんじろう) さん
鳥取市文化団体協議会会長本城 美佐子(ほんじょうみさこ) さん
鳥取市社会福祉協議会会長下石 義忠(おろじよしただ) さん
鳥取市教育委員会教育長職務代理者山脇 彰子(やまわきあきこ) さん
とっとり若者地方創生会議会長松浦 生(まつうらいくる) さん
鳥取青年会議所理事長田淵 裕章(たぶちひろあき) さん
鳥取市政懇話会委員林 由紀子(はやしゆきこ) さん
市政記者クラブ会員川崎 崇史(かわさきたかし) さん
市政記者クラブ会員齊尾 和之(さいおかずゆき) さん
市政記者クラブ会員濱田 匡史(はまだまさし) さん
鳥取市議会議長房安 光(ふさやすひかる) さん
鳥取市市長深澤 義彦(ふかざわよしひこ)