このページではJavaScriptを使用しています。

国民年金加入手続き等について

国民年金に加入するときや、やめるときなどには届出が必要です。

 

 

手続きが必要なとき

届出先

必要なもの

20歳になったとき

 

※厚生年金、共済組合加入者、

第3号被保険者以外

市役所駅南庁舎

国民年金窓口(22番)

 

または

 

各総合支所市民福祉課

・印かん

・学生証の写し(学生の方で保険料の納付が困難な場合)

・年金手帳(すでにお持ちの場合のみ)

会社を退職したとき

 

※被扶養配偶者も届出が必要

・年金手帳

・印かん

・離職票、資格喪失証明書など退職日がわかるもの(配偶者を扶養していた場合、配偶者の年金手帳)

配偶者の扶養からはずれたとき

(20歳~60歳未満で第3号被保険者)

 

※離婚したとき、収入が増えたとき

・年金手帳

・印かん

・資格喪失証明書など扶養からはずれた日がわかるもの

 

海外に住むようになったとき

(20歳~60歳)

 

・年金手帳

・印かん

任意加入をするとき

・年金手帳

・印かん

・口座振替納付を希望する口座の通帳及び通帳の届出印

・パスポート(海外居住者の場合)

 

窓口に来られる方の本人確認できるものをお持ちください。

本人と同住所でない方の代理申請には、委任状が必要となります。

 

 

 任意加入・・・以下に該当する方は、本人の希望により国民年金に加入することができます。

          (2号・3号被保険者は除く)

 

 ・ 年金額を満額に近づけたい65歳未満の方

 ・ 年金の受給資格期間に不足している70歳未満の方

 ・ 日本国籍をもつ20歳以上65歳未満の海外に居住している方

 (国民年金保険料の納付などを代行する協力者が必要)

 

※65歳未満の方は、受け取れる年金額が満額になるまでの期間に限ります。

 

※65歳を過ぎた方は、受給資格期間を満たすまで(70歳未満)の期間に限ります。

 

※老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方は加入できません。

 

※任意加入期間の保険料は免除の対象にはなりません。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
福祉部 保険年金課
電話0857-20-3485
FAX0857-20-3407
メールアドレスhoken@city.tottori.lg.jp