シリーズ@じんけん
Vol.412
第3次鳥取市男女共同参画かがやきプラン

問い合わせ先
本庁舎人権推進課 電話0857-20-3143 ファクス0857-20-3052

本市は、すべての人が性別にとらわれることなく個人として尊重され、あらゆる分野に参画し、その個性と能力を発揮し、いきいきと暮らせる「男女共同参画社会」の実現をめざしています。

今回は、第3次「鳥取市男女共同参画かがやきプラン」(以下「プラン」)について紹介します。

第3次プランとは?

平成26年度に実施した「鳥取市男女共同参画に関する意識調査」の結果によると、依然、およそ2人に1人は性別による固定的役割分担意識(※)が払拭(ふっしょく(しきれていない現状や、職場や地域社会における進まない男女共同参画の現状など、課題がみられました。

一方で、少子高齢化の進展や家族形態の変化、就労形態に対するニーズの多様化など、さまざまな社会状況の変化がみられます。

このような現状を踏まえ、社会情勢の変化に対応しながら、男女共同参画社会の実現に向けた取り組みを一層推進するために、平成23年に策定した前プランを改訂し、「第3次プラン」を策定しました。

(※)性別による固定的役割分担意識

 「男は仕事、女は家庭」あるいは「男は外、女は内」など、男女の役割を固定的にとらえる考え方や意識のこと。

改訂のポイントは?

防災体制の整備や、高齢者や障がい者、子ども、外国人など、すべての人が安心して暮らせるまちづくりには、男女共同参画の視点を反映させることが必要であるため、これを推進することを新たに加えました。

また、平成28年に施行された「女性活躍推進法」を勘案し、プランの一部として、下記基本目標の2、3、5を同法が求める「市町村推進計画」として位置付けました。

プランの推進のために

このプランを推進していくためには、企業や団体、家庭、地域、学校などあらゆる場面で、みなさんと力をあわせて取り組むことが大切です。

市民のみなさんには、男女共同参画社会の推進と実現に向けて、一層のご理解とご協力をお願いいたします。

プランの基本目標

基本目標1
男女の人権の尊重
男女の平等社会の実現

あらゆる機会を通し、男女平等意識の啓発に取り組むため、学校教育だけによるのではなく、幼少期からの家庭教育、地域・職場での意識啓発により各世代にわたって固定的役割分担意識の見直しを図り、人権尊重を基盤とした男女平等意識の確立をめざします。

基本目標2
政策・方針決定段階における男女共同参画
男女共同による政策・方針の決定

さまざまな分野における政策・方針決定過程において、男女が対等な構成員となるために女性の参画機会の確保をめざします。

基本目標3
労働環境における男女共同参画
いきいきとした職場づくり

男女が公正な評価のもとに、意欲と能力に応じた均等な機会と待遇が与えられる労働環境の整備を促進するとともに、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」の実現をめざします。

基本目標4
地域社会における男女共同参画
明るく心豊かな地域づくり

地域や団体・企業・行政などが協働しあいながら、活力があり住民すべてが支えあう明るく心豊かな地域づくりをめざします。

基本目標5
家庭生活と他の活動との両立
男女の家庭参画と他の活動との両立

家庭生活において、家族による共同参画を進めるとともに、他の多様な活動との両立を支援する環境の整備をめざします。

基本目標6
女性に対するあらゆる暴力の根絶
暴力のない社会づくり

男女が互いの人権を尊重する社会の実現に向けて、男女間のあらゆる暴力の根絶をめざします。

計画に掲げる3つの重点項目

◎男女共同参画社会の実現に向けた意識改革

◎あらゆる分野での女性の活躍推進

◎生涯を通じた女性の安全・安心の確保

冊子イメージ