このページではJavaScriptを使用しています。

2017.01.12 児童扶養手当について 1620-A0078-001

受付日: 2017.01.12   分類: 福祉保健・児童家庭・ひとり親家庭

タイトル
児童扶養手当について

内容
 私は母子家庭で子供を育ててきましたが、児童扶養手当受給中に養育費も所得になるということで、途中から満額もらうことができませんでした。
 しかし、今は養育費をもらっていても調べることができないため、あえて申告しないで満額もらっている人が多いと聞きました。
 正直者が馬鹿を見るなんておかしいです。税金から使われていることを自覚し、ちゃんとチェックするようにしてください。


回答
 児童扶養手当における養育費の申告は、児童扶養手当法による養育費(具体的に5項目提示されており、そのすべての要件を満たしているものであること)の範囲に基づき、自己申告となっております。
 窓口での聞き取りの中で、5項目のうち一部要件を満たしておらず、児童扶養手当法による養育費としての範囲とならない場合も見受けられます。
 なお、養育費の申告につきましては、全国的に疑義があるのも事実であり、「養育費に関する申告書」を交付し、記入を求める際には、その趣旨・目的及び記入要領についてもしっかりと説明を行い、正しく申請を行っていただくよう努めてまいりたいと思います。


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   健康・子育て推進局 児童家庭課
   (電話番号:0857-20-3465)
   (E-Mail:jidou@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp