このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市新本庁舎建設工事発注方法等検討委員会からの提言

新本庁舎建設工事は、通常工事に比べ規模も大きく、内容も高度かつ多岐にわたっているため、市役所内部で発注方法をすべて検討するのではなく、専門的見識を有する方々の検討により、一定の方向性をご提言いただきたく、鳥取市新本庁舎建設工事発注方法等検討委員会を設置しました。

 

平成28年10月から平成29年1月まで、計4回にわたり慎重かつ活発に議論いただきました。その結果、平成29年2月1日(水)、当委員会の松原委員長、遠藤副委員長より、提言書が市長へ提出されました。提言書の内容については、下記をご覧ください。

 

 

提言全文

鳥取市新本庁舎建設工事発注方法等検討委員会からの提言(PDF:280KB)

 

 

今後のスケジュール(予定)

今後、提言書を参考に、具体的な発注準備を行い、平成29年秋から本体部分の工事に着手する予定です。建設工事には、約2年間の工期を見込んでおり、平成31年秋の開庁を目指します。

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
庁舎整備局 庁舎整備局
電話0857-20-3012
FAX0857-20-3029
メールアドレスchoshaseibi@city.tottori.lg.jp