このページではJavaScriptを使用しています。

2017.01.25 除雪費用の拡充をお願いします 1620-A0083-001

受付日: 2017.01.25   分類: 都市整備・道路・除雪

タイトル
除雪費用の拡充をお願いします

内容
 県外から引っ越して来ましたが、除雪を担う土木会社のオペレータの技術が低すぎるとしか言えません。 
 北陸地方では、除雪車の後ろを夜間走行すると、除雪車の除雪ブレードと道路がこすれて火花を散らしています。 
 鳥取市では表面の雪だけ道路の隅に寄せただけで、除雪とはとても呼べるものではなく、これでは除雪の効果は皆無で、現在の除雪レベルでは除雪費用(税金)の無駄遣いとしか言いようがありません。
 もう一点、融雪剤をまく量が圧倒的に少なすぎます。春になるとその量がわかりますが、乾燥した道路の脇には融雪剤が白く析出するのが普通ですが、鳥取市内でそのような現象は見たことがありません。
 除雪費用(税金)がないのは知っていますが、必要な税金はしっかり使っていただきたいと思います。 


回答
 本市では、交通量が増加する朝方の通勤・通学時間帯までの限られた時間内に除雪を行なうよう努めていますが、このたびは、朝方からの降雪であったため除雪が間に合わず、地域によっては充分ではなかったと思われます。
 ご指摘の除雪方法ですが、本市と北陸・東北地方等を比べると、路肩・流路などの道路構造や雪質などの違いもありますが、火花がでるような除雪作業は、道路本体に与える影響やその後の修繕維持費などを考慮し、極力行なわないこととしています。
 また、融雪剤の散布については、気温など気象状況を注視して、バス路線や基幹路線(橋)を中心に適量散布して、融雪・スリップ防止等に努めているところです。
 今後は、公共交通機関の運行上支障とならないよう、幅員を確保するとともに車道の残雪を最少に食い止めるように心がけてまいります。
 なお、このご意見については、本市から国・県道などを管理している関係機関へもお伝えしました。


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   都市整備部 道路課
   (電話番号:0857-20-3261)
   (E-Mail:douro@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp