このページではJavaScriptを使用しています。

2017.01.30 除雪方法について 1620-A0086-003

受付日: 2017.01.30   分類: 都市整備・道路・除雪

タイトル
除雪方法について

内容
 除雪は、まず路肩側から行った後、中央部分を行う。また、除雪した雪はダンプに乗せ処理しなければならない。
 しかし、鳥取市はこの方法を用いず、さらに日中は除雪しないで、深夜に除雪を行っているため、車道中央付近の雪が、朝方全て路肩側に山積みにされており、路肩側の雪を除雪していかないと、通勤通学の通行人が車道を歩くことになる。
 また、凍結防止剤が橋には整備されているが、街中には全くない。目の不自由な人は、これにより点字ブロックが雪の中にうまっており、外出ができない
 智頭で車が立ち往生したが、大型トラック同士がすれ違いできないというのも、大型トラックの車幅を計算せず除雪しているので、渋滞するのは当たり前である。


回答
 本市では、バス路線の幅員確保及び一般車両との接触事故を防止するため、主に深夜から早朝までの交通量の少ない時間帯に、道路中央線側の雪を路肩側に寄せる除雪方法を採っています。
 現在のところ、除雪延長が600kmある市道の路肩の雪をすべて撤去することは、業者・除雪車両・運搬車両の確保の面で困難な状況であります。市のみならず国、県においても、広報等による周知のほか、自治連合会・町内会宛に対しても、毎年除雪のご理解とご協力をお願いしているところです。


 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   都市整備部 道路課
   (電話番号:0857-20-3261)
   (E-Mail:douro@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp