ピックアップインフォメーション 4月

固定資産税について

問い合わせ先駅南庁舎固定資産税課電話0857-20-3421ファクス0857-20-3401

■土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧

期間
4月3日(月) ~5月31日(水)

平成29年1月1日現在で所有する資産の評価額が適正かどうかを、周辺の資産と比較することにより確認することができます。縦覧できるのは納税者および同居の家族、納税管理人です。免税点未満などの理由により、固定資産税が課されていない人は縦覧できません。

縦覧できる人縦覧できる帳簿
市内の土地の納税者土地価格等縦覧帳簿(土地の所在、地目、地積、価格などを記載)
市内の家屋の納税者家屋価格等縦覧帳簿(家屋の所在、構造、床面積、価格など記載)

■固定資産課税台帳の閲覧

期間
4月3日(月) ~

平成29年1月1日現在で所有する資産の課税内容を確認することができます。

閲覧できる人対象固定資産
(1)納税義務のある人とその同居の家族・納税管理人納税義務のある固定資産の全部
(2)借地・借家人など使用または収益の対象となる固定資産の部分
(3)土地・家屋などの固定資産を処分する権利を有する人(破産管財人など)該当する固定資産の全部

※(2)、(3)の人は賃貸借契約書などをご提示ください。

◇いずれも時間は8:30~17:15(土・日・祝休日を除く)
場所 駅南庁舎固定資産税課、各総合支所市民福祉課※本人確認のため、運転免許証などをご提示ください。

※代理人の場合は委任状が必要です。

平成29年度納税通知書は5月1日ごろ発送予定です
◆年の途中で土地の売買があった場合の課税について
Q
平成28年12月に私が所有していた土地の売買契約を締結し、平成29年2月に買主への所有権移転登記を済ませました。平成29年度の固定資産税は誰に課税されますか?
A
地方税法の規定により、賦課期日(毎年1月1日)現在、登記簿に所有者として登記されている人に対し当該年度分の固定資産税を課税することになっています。所有権移転登記は平成29年2月であったため、平成29年1月1日現在の登記簿上の所有者はあなたです。よって、平成29年度の固定資産税はあなたに課税されることとなります。
◆住宅用地の特例について
Q
平成28年中に住宅を壊してさら地にしました。土地についての税額はどうなりますか?
A
固定資産税の評価は、賦課期日(毎年1月1日)の土地の現況により判断します。土地の上に一定要件を満たす住宅があると「住宅用地に対する課税標準の特例」が適用され減額されます。しかし、住宅の滅失や、住宅以外への用途変更がある場合は、特例の適用から外れることになります。平成29年度は、滅失した家屋の固定資産税は無くなりますが、土地の固定資産税は上がることとなります。

地域のつながり 大切に……
心かよう自治会(町内会)活動を一緒にしましょう

問い合わせ先鳥取市自治連合会事務局 電話0857-20-0100ファクス0857-20-0141
本庁舎協働推進課 電話0857-20-3171ファクス0857-21-1594

自治会(町内会)は一定の区域に住む人々が自主的に構成する任意の団体です。

自分たちのまちを住みよいまちにするため、生活環境の整備や福祉の向上など、地域課題に取り組む組織として、市民生活に直結した重要な役割を担っています。

まずは自治会に加入して一緒に活動しましょう。

【自治会は次のような活動をしています】

(1)自治会および市政情報の提供

市からの広報、公民館情報など、暮らしに必要な情報を会員のみなさんに提供しています。

(2)地区要望の取りまとめ

道路や排水路の改修、市政に対する意見や要望を伝えています。

(3)防犯・交通安全への取り組み

住民が犯罪被害に遭わないよう、防犯パトロールや防犯灯の設置管理をしています。

(4)自主防災活動

地震などの災害時に備えて、避難訓練や防災活動を実施しています。

(5)地域福祉活動

子どもからお年寄りまで、互いに助け合って生活ができるよう、地域のつながりを深める活動をしています。

(6)生活環境の維持・向上

ゴミステーションの管理、道路や公園の清掃・草刈りなどを行っています。

【自治会に加入するには】

お住まいの地域の自治会長(町内会長・区長)にお問い合わせください。なお、連絡先が分からない場合は、ご近所の人か鳥取市自治連合会事務局までお問い合わせください。