このページではJavaScriptを使用しています。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があるときは関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して情報伝達されます。

 このような場合に国民がとるべき行動について次に掲載していますので、身を守るためにどのように行動するべきかご確認ください。

 

•弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。(発射から10分程度)
•ミサイルが鳥取市に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

※鳥取県では、近畿、中国、四国地方に影響がある場合にメッセージが流されます。

 

メッセージが流れたら直ちに以下の行動を取ってください!!

【屋外にいる場合】
•近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。
•近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

 

【屋内にいる場合】
•できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

<近くにミサイルが落下したときは>

【屋外にいる場合】
•口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

 

【屋内にいる場合】
•できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

•換気扇を止め、窓を閉め、目張りをし室内を密閉する。

 

~行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください!!~

 

関連リンク先

国民保護ポータルサイト(内閣官房)

弾道ミサイル落下時の行動について(その1)(PDF:221KB)

弾道ミサイル落下時の行動について(その2)(PDF:221KB)

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A(PDF:188KB)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
防災調整監 危機管理課
電話0857-20-3127
FAX0857-20-3042
メールアドレスkikikanri@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ