ピックアップインフォメーション 5月

生活環境課 廃棄物対策係からのお知らせ

問い合わせ先本庁舎生活環境課廃棄物対策係電話0857-20-3217ファクス0857-20-3045

シリーズ 4Rのひみつ 第2回

■生ごみを減らしましょう!

生ごみを減らすために、ひと工夫してみませんか?

◆まずは生ごみをださない工夫を!

  • 食品は無駄に買わず、必要な分だけ買うようにする。
  • 食べ残しを減らす。
  • 野菜や果物の皮をむくとき、必要以上に厚く切りすぎない。
  • 野菜の皮や根本、葉などのうち、利用できるものは捨てずに工夫して調理する。

◆水切りをしましょう

可燃ごみの約半分は水分です。生ごみの十分な水切りをすることにより、悪臭や腐敗の防止になり、ごみ袋を軽くすることができます。

市販の水切りネット・水切りグッズなどを使用するのも効果的です。

◆ワンポイント

生ごみは、濡らさないことがポイントです。野菜などは水洗いする前に、食べられる部分と使わない部分(生ごみになるもの)とを切り分けておきましょう。

医療系廃棄物および危険物をごみステーションに出さないでください。

ごみステーションに医療系廃棄物(注射器、カテーテルなど)を出されますと、ごみステーションを管理されているみなさんやごみの収集員、処理場の作業員に危険が及ぶおそれがありますので、出さないでください。

医療系廃棄物は、かかりつけの医療機関に処理を依頼して下さい。

医療系廃棄物および危険物をごみステーションに出さないでください。

「鳥取市ごみ減量等推進優良事業所認定制度」表彰事業所

本市の事業所ごみの減量や再資源化を進める対策の一つとして、平成21年12月に「鳥取市ごみ減量等優良事業所認定制度」を創設し、現在22事業所を優良事業所として認定しています。

本年2月には、これらの優良事業所のうち、日頃から環境に配慮した事務事業を推進し、特に取り組みが顕著な2事業所を表彰しました。

「鳥取市ごみ減量等推進優良事業所認定制度」表彰事業所
事業所名所在地事業内容主な取り組み状況
株式会社
吉備総合電設
田園町3丁目
101番地
一般電気工事業、消防施設工事および保守点検

紙ごみ減量のための工夫や古紙リサイクルへの取り組みを行っている。また、新入社員教育に環境問題についての内容を含めたり、ごみの分別の仕方についてわかりやすく掲示するなど、社内でのごみ減量・分別意識の徹底を図っている。

国立大学法人
鳥取大学
湖山町南4丁目
101番地
大学法人

ぺーパーレス会議の実施、毎年の環境報告書の発行や環境手帳の配布、新入生に対しての「鳥取ゴミ出し検定試験」の実施など、多種多様な取り組みを行い、学生・職員が一緒になってごみ減量化に取り組んでいる。

祝日のごみ収集(鳥取地域)※鳥取地域以外については総合支所だよりをご覧になるか、各総合支所市民福祉課(問い合わせ先健康ページ)までお問い合わせください。

祝日がごみ収集日にあたる地区は、ごみ収集のスケジュールが変更になります。

月日可燃ごみ古紙類ペットボトルプラスチックごみ食品トレイ
資源ごみ
小型破砕ごみ
5月3日(水)
(憲法記念日)
収集しますお休みします
※10日(水)に振替
お休みします
5月4日(木)
(みどりの日)
収集しますお休みします
※11日(水)に振替
お休みします
5月5日(金)
(こどもの日)
収集しますお休みします
※12日(水)に振替
お休みします

※ごみを出す時は必ず収集曜日を守り、朝8時までに出してください。

6月

乾電池・蛍光管の収集

鳥取地域の次の乾電池、蛍光管の収集は6月1日(木)~ 7日(水)の小型破砕ごみの収集日です。乾電池は透明または半透明の袋に入れ、蛍光管は壊れないよう購入時のケースなどに入れて、出してください。