このページではJavaScriptを使用しています。

◆よくある質問とその回答(FAQ)

質問

 20年程前に通信教育を申し込んだ。当時、箱から教材を出さない状態で解約を申し込んだが、「開封した教材の返品は受け取らない」と拒否され、36万円のローンを支払い続けた。
 先日、通信教育の会社の依頼を受けたと名乗る業者から電話があり、「受講を終了していない、受講するか、やめるなら96万円の金を支払え。担当者が集金に行くから現金で用意しろ、払ってくれたら私の裁量で半額にしてやる、集金に行った者には契約のことは何も言うな、通信教育の会社には法律家がついているからこの話を断ると裁判とかになり面倒になる。」と言ってきた。
 どう対処すればいいでしょうか?

回答

 これは二次勧誘と呼ばれる悪質商法です。過去に契約をした人を狙って、強引な勧誘によって新たな契約を結ばせ、お金を請求する手口です。
 勧誘されてもきっぱりと断りましょう。勧誘がしつこい場合は、下記消費生活センターにご相談ください。
 また、身に危険を感じた場合はすぐに警察を呼びましょう。

 

【お問い合わせ先】
 企画推進部 地域振興局 市民総合相談課 鳥取市消費生活センター (電話番号:0857-20-3863)
                                              (Eメール:syohisoudan@city.tottori.lg.jp



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?