このページではJavaScriptを使用しています。

2017.03.21 急傾斜地対策について  1620-A0113-001

受付日: 2017.03.21   分類: 都市整備・災害対策・急傾斜地

タイトル
急傾斜地対策について

内容

現住宅敷地の南側は、隣接する土地が5m以上もの下にあり、砂地の急傾斜地となっています。現在は、ブロック等の擁壁を設置し斜面保護を行っているところでありますが、中部地震などにより擁壁の中ほどがせり出、また擁壁の東側は崩れるなど、崩壊の危険にあります。下に隣接する建物は、民家の他現在は使用されていませんが、崩落が起これば大きな被害が発生するとともに、傾斜地の上の住宅も壊れるなど非常に危険です。
急傾斜地の上の住宅は、建築確認を受け建築しているもので、近年当該急傾斜地が「土砂災害警戒区域等に指定され、危険な区域であることが承認されています。
住民の生命財産の安全と日々の安心を確保するためにも国等施行の「急傾斜地崩壊対策事業等」により擁壁の補強設置をお願いしたい。
また、上記制度の適用がない場合、他の対応策をお教え願いたい。


回答
 申し出の土地は、急傾斜地崩壊危険地区に指定されておりますが、今回補強要望の当該法面はコンクリートブロック等の人工斜面であり、県または本市が行う急傾斜地崩壊対策工事の対象になりません。
 擁壁補強等の対応策につきましては、民間建設コンサルタント会社等による工法検討を行い、最適な安全対策を講じていただくようお願いします。
 なお、危険なブロック積の状態が続く場合は、建築基準法第10条による是正勧告をすることになります。

  
 【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   気高町総合支所産業建設課 
   (電話番号:0857-82-3154)
   (E-Mail:kt-sangyo@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 市民総合相談課
電話0857-20-3158
FAX0857-20-3053
メールアドレスshiminsoudan@city.tottori.lg.jp