このページではJavaScriptを使用しています。

夕方から夜間の交通安全

ホームくらしと環境交通安全夕方から夜間の交通安全

 

 夕暮れは早めのライト点灯を心がけましょう

ライトは早めに点灯しましょう

平成28年中時間別交通事故発生状況

 

例年、16時から18時の時間帯に交通事故が多発しています。夕暮れ時や早朝、夜間は歩行者や自転車が見えにくくなります。交通事故防止のため、日没30分前にはヘッドライト(前照灯)を点灯しましょう。

 

 

(鳥取県警HPより)

 

 

 

夜のヘッドライトはハイビームが基本

道路運送車両の保安基準において、前照灯は、

 

 ・上向き(ハイビーム)=走行用前照灯

 ・下向き(ロービーム)=すれ違い用前照灯

 

と区分されています。また、その性能の基準は、

 

 ・走行用前照灯=夜間にその前方100mの距離にある交通上の障害物を確認できる性能を有するものであること

 ・すれ違い用前照灯=夜間にその前方40mの距離にある交通上の障害物を確認できる性能を有するものであること

 

とされており、街灯が少ない暗い道などを走行するときは、前照灯を上向き(ハイビーム)にすることで歩行者などを遠くから発見することができ、早期に事故を回避することが可能となります。

ただし、ハイビームは他の車両等をくらませるおそれがありますので、対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか下向き(ロービーム)に切り替えてください。

また、交通量の多い市街地の道路などを通行するときは、前照灯を下向き(ロービーム)に切り替えましょう。

 

 

 

反射材を着用しましょう

 

・夜間時における反射材の着用は非常に効果的です。身近な人で徒歩や自転車利用者があれば反射材の着用をすすめてください。

 

・自転車は道路交通法で車両後部に反射材か尾灯を付けることを義務付けられています。定期的に車体を点検して反射材が外れたり、汚れたりしていないか、尾灯がきちんと点灯するか確認しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 協働推進課 市民活動係
電話0857-20-3182
FAX0857-21-1594
メールアドレスkyodosuishin@city.tottori.lg.jp