このページではJavaScriptを使用しています。

2017.05.01 鳥取城復元について 1720-A0012-001

受付日: 2017.05.01   分類: 教育・文化財・文化財活用

タイトル
鳥取城復元について

内容
以前、旧鳥取城の写真が日本海新聞に出ていた事があり、復元の話しが出ていた記憶がありますが、実際はどうなのでしょうか?
出来れば復元して観光スポットにした方が県外や海外のお客さんを呼ぶ事が出来て、今以上に鳥取市が活性化するのではないでしょうか?


回答
 国の史跡に指定されている文化財である鳥取城跡復元整備等は、調査研究に基づく学術的に正確なものであることを示した上で、国の文化審議会の許可を得て実施する必要があります。
 現在は、正面玄関である「大手登城路」の復元整備に取り組んでいるところですが、この復元により、鳥取城の文化財としての価値、本来の城としての姿が目に見えるようになりますので、観光スポットとしても活用できるものと考えます。
 また、江戸時代には、堀にかかる橋の上で月見の宴が催されたり、若君が端午の節句の祭りを見物したりするなどしていた記録もあり、他の城郭とは違った、個性的な観光資源としても活用できるものになります。
 なお、古写真の残されている「三階櫓」等については、「大手登城路」の完成後に復元を目指すこととしています。


   【本件に関するご質問・お問合わせは下記まで】
   教育委員会 文化財課 
   (電話番号:0857-20-3359)
   (E-Mail:kyo-bunka@city.tottori.lg.jp)






質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?