このページではJavaScriptを使用しています。

在外投票制度

 在外投票とは 

   仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、

  これによる投票を「在外投票」といいます。

   在外投票ができるのは、日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を

  持っている人です。

   在外投票が可能な選挙は、国政選挙(衆議院議員選挙・参議院議員選挙)のみです。

 

 在外選挙人名簿への登録

   下記の方法で在外選挙人名簿への登録申請ができます。

 

  1.転出時に転出届提出と同時に登録申請する

  2.在外公館(大使館・領事館)の窓口で登録申請する

 

 

 在外選挙人証の発行

   在外選挙人名簿へ登録された場合は、「在外選挙人証」を鳥取市選挙管理委員会が発行し、在外公館経由で

  送付いたします。

 

 

 投票方法

  1.在外公館投票

   在外投票人が、在外公館等投票記載場所へ自ら出向いてその場で投票する方法です。

   投票記載場所を設置していない在外公館もありますので、投票記載場所の設置の有無については管轄の

  在外公館にお問い合わせください。

   投票できる期間・時間は、原則として、選挙の公示の翌日から投票記載場所ごとに決められた日までの

  午前9時30分から午後5時までです。

 

  ※投票できる期間・時間は、投票記載場所によって異なりますので、各在外公館にお問合せください。

 

  2.郵便投票

   郵便投票は、在外選挙人が、あらかじめ登録地の市区町村選挙管理委員会に投票用紙及び投票用封筒の

  交付を請求し、自宅等に送付された投票用紙等に記入し、登録地の市区町村選挙管理委員会郵送する

  手順で投票を行う方法です。

 

   ※住所や投票用紙の送付先に変更が生じた場合には、必ず住所を管轄する在外公館に在外選挙人証を

     添えて変更の届出を行ってください。

   ※投票用紙等については、公示日前でも請求できます。郵送に時間がかかりますので、できるだけ早めに

            請求してください。なお、投票用紙等の発送開始日は、衆議院議員及び参議院議員の任期満了前60日

            にあたる日または衆議院解散の日になります。

 

  3.日本国内での投票

   日本国内での投票は、在外選挙人が、選挙期間にちょうど一時帰国していた場合や、帰国してまだ間がなく国内の

  選挙人に登録されていない場合に、国内の投票方法(選挙当日の投票、期日前投票、不在者投票)を利用して投票

  する方法です。

 

   なお、いずれの投票方法についても、在外選挙人証の提示が必要です



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局
電話0857-20-3386
FAX0857-20-3051
メールアドレスsenkan@city.tottori.lg.jp