シリーズ 将来の医療を考えよう!

第5回 ジェネリック医薬品の普及がすすんでいます

 ジェネリック医薬品についてご存知ですか?ジェネリック医薬品は、これまで使われてきたお薬の特許期間が切れた後に、そのお薬の特許情報や技術をもとに他の医薬品メーカーが製造しているお薬です。 開発期間が短く低コストなので、価格が安く、国によって承認された安心、安全なお薬です。

 現在鳥取市ではジェネリック医薬品の使用割合が約7割とすすんでおり、鳥取県内の平均使用割合よりも高い値で推移しています。 ジェネリック医薬品に切り替えることで「(1)患者様のお薬代が安くなる」「(2)同時に保険者負担分も軽減される」「(3)その分医療費が節約されて保険料の引き下げにつながる」といった効果が期待されます。

ジェネリック医薬品使用割合の推移

★あなたの知らないお世界セミナー

 お薬について全国健康保険協会(協会けんぽ)が主催するセミナーがあります。 ジェネリック医薬品についての説明もありますので、ぜひご参加ください。

とき
9月2日(土)13:30~15:30(受付13:00)
ところ
新日本海新聞社5階ホール(富安二丁目)
内容
■講演1:
「みんなで○○すれば皆保険制度は守られる」
講師:協会けんぽ鳥取支部
■講演2:
「現場の薬剤師がお伝えしたい上手に薬局を活用する方法」
講師:上田隆さん(津ノ井薬局薬剤師)
■講演3:
「医薬品が生まれてあなたの手元に届くまで」
講師:酒井佑介さん(共和薬品工業(株)日本ジェネリック製薬協会会員)
■無料測定コーナー
(HbA1c・肌年齢)※要予約
定員
100人 ※要申込み

問い合わせ・申込み
全国健康保険協会鳥取支部 TEL: 0857-25-0051

問い合わせ先 医療費適正化推進室
TEL: 0857-20-3441 FAX: 0857-20-3407