このページではJavaScriptを使用しています。

こどもの交通安全

ホームくらしと環境交通安全こどもの交通安全

 

気をつけよう!こうつうルール

 

どうろへのとび出しはぜったいにやめましょう。          ほどうをあるきましょう。学校のいきや

車はきゅうにはとまれません。                     かえりはきめられたみちをとおりましょう。

こどもが飛び出しているイラスト

横断歩道を渡る子供のイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しんごうをまもりましょう。青しんごうでも            おうだんほどうは左右をよく見てからわたりましょう。

車がこないかたしかめましょう。

横断歩道を手をあげて渡る子供のイラスト

左右を確認しながら横断歩道を渡る子供のイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じてんしゃにのるときはヘルメットをかぶりましょう。       どうろであそぶと大へんきけんです。

きけんなのでスピードを出さずにゆっくりはしりましょう。     小さなどうろでもあそばないようにしましょう。

自転車から転倒するこどものイラスト

道路で絵を描くこどものイラスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者のみなさんへ

 

・こどもは大人の行動をよく見ています。交通ルールやマナーを守り、よいお手本を見せるようにしましょう。

 

・こどもは興味があると、そのことに夢中になって、周囲の状況が目に入らなくなり、危険なことの判断ができなくなります。また、こどもの交通事故の多くが自宅の半径500m以内で発生しています。買い物の途中、保育園の送迎時、帰宅時にこどもを降車させた直後などは、こどもから目を離さないでください。

・新入学、新学期に向けて、交通安全についてこどもと一緒に考えましょう。通学路だけでなく、塾や遊びのために利用する道路に潜む危険をこどもの目線で見てください。

・小さいこどもは、抽象的な言葉「危ない」「注意しなさい」では理解できません。具体的に「なぜ危ないのか」「どう注意したらよいか」を教えてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
地域振興局 協働推進課 市民活動係
電話0857-20-3182
FAX0857-21-1594
メールアドレスkyodosuishin@city.tottori.lg.jp