このページではJavaScriptを使用しています。

特定外来生物「ヒアリ」について

 国内の港湾施設等で、特定外来生物のヒアリが発見されています。ヒアリは毒を持っており、刺されると体質によっては重度の症状となる場合があります。

 特徴や対処法については、以下のとおりです。万が一発見された場合は、十分ご注意ください。

 

<ヒアリの特徴>

・体長は2.5mm~6.0mmほどで、赤茶色。南米産ですが、北米、中国、オーストラリアなどで定着しています。

・腹部に2つのこぶ、おしりに毒針があります。

・土で大きなアリ塚を作り、集団で生活します。

・攻撃性が強く、棒などで塚をつつくと、集団で襲い掛かります。

 

<ヒアリを発見したら>

刺されないよう十分注意して、下記機関へ通報してください。

・鳥取県庁緑豊かな自然課 【電話】0857-26-7872 【FAX】0857-26-7561

・鳥取県東部生活環境事務所生活安全課 【電話】0857-20-3676 【FAX】0857-20-2103

 

<ヒアリの駆除方法>

 刺されないよう十分注意して、熱湯や市販のスプレー式殺虫剤で殺虫処理してください。

 具体的な駆除方法については、環境省「ストップ・ザ・ヒアリ」をご参照ください。

 

<ヒアリに刺されたら>

 ヒアリに刺された場合、熱いと感じる激しい痛みがあります。また、かゆみ、膿、はれ、じんましん、アレルギー症状が重篤な場合はアナフィラキシー症状(呼吸困難、血圧低下、意識障害)を引き起こす可能性があります。

 異変を感じた場合は、直ちに医療機関を受診してください。その際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシーの可能性があること」を伝えてください。

 

<参照> 鳥取県緑豊かな自然課HP 特定外来生物「ヒアリ」について

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
環境下水道部 生活環境課
電話0857-20-3218
FAX0857-20-3045
メールアドレスkankyo@city.tottori.lg.jp