このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取県内小中学生による「星空大調査」プロジェクト

 みなさんの家から、星がどれくらいよく見えますか? 「星空大調査プロジェクト」は鳥取県内での星の見え方を調べ、どこでどれくらいきれいな星空が見えるかについて大調査します。ぜひ、みなさんの家などから見た星空の状況をご報告ください。

観察日時

2017年 9月12日(火)~24日(日)
     10月11日(水)~24日(火) 各日の午後7時半から10時ごろ

 ※この期間で1日だけ観察して報告してください

観察場所

鳥取県内のみなさんの家の庭、近くの公園など

観察方法

上の日時で晴れた夜に、それぞれの観察場所から「頭の真上あたり」の星空の状態を観察します。下の図(1)~(5)のうち、どの状態に近いか調べてください

(1)明るい星がいくつか見える

(2)少し暗い星も見える

(3)そこそこきれいな星空

(4)けっこうきれいな星空

(5)満天の星空

 

 

 

 

報告いただいた方から抽選で50名に「宇宙食」をプレゼント

 2017年5月から、鳥取県の愛称が「星取県」になりました。これは県内各地で天の川が見え、流れ星も見やすく、環境省がおこなっていた「全国星空継続観察」で何度も日本一になった美しい星空が楽しめるからです。
 「星空大調査プロジェクト」では、鳥取県内小中学生のみなさんに協力していただき、鳥取の星空のきれいさを調べます!

 主 催:鳥取市さじアストロパーク

 共 催:鳥取県環境立県推進課

 

開催日:2017年9月12日 から 10月24日


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?