このページではJavaScriptを使用しています。

洗足山避難小屋の愛称が決まりました。

この春、完成した洗足山の避難小屋に「六郎木小屋」という愛称が決まり、8月11日(金・祝)の「山の日」に看板を設置しました。

 

看板設置

 

近年、人気の登山エリアとして愛好者の間で徐々に注目を集めつつある「用瀬アルプス」ですが、これまでは荒天時や登山者の体調不良時などに避難・休憩できる場所がありませんでした。そこで、登山者の安全を確保するため、洗足山から牛臥山へと続く稜線上に設置したものです。

緊急避難時以外にも、登山道の整備作業やトレッキングイベントを行っている「用瀬町エコツーリズム連絡会」が活動の拠点や情報発信の場としても活用できるように、周辺の環境整備も行っていく予定です。

 

設置中 安全祈願中

 

エコツーリズム連絡会の関係者が集まり、「六郎木小屋」と書かれた看板を取り付けたあと、訪れた多くの登山者が安全に過ごせるようにと願いを込めて祈りを奉げました。

 

避難小屋は洗足山山頂から南下し、鳥居野ルートの分岐点より智頭町側にあります。

 

位置図

 

小屋の周辺にはベンチや案内看板もあり、木立の中でゆっくりと休憩できます。

 

スポット看板 小屋とベンチと路

 

この避難小屋は誰でも利用することができますが、みなさんに気持ちよく使っていただけるよう、きれいに使ってください。ただし、小屋の中では火を使わず、周辺で使用した場合も火の元を必ず始末してください。

 

たくさんの登山者の皆さんが「用瀬アルプス」にお越しいただくことをお待ちしています。

 

 

また、この日は昨年から祝日となった「山の日」ということもあり、登山口まで下山した後はBBQを開催しました。

 

乾杯 BBQ 下山者 

 

参加者は山や地域への熱い想いや数々の思い出を語り合い、これからも元気に活動して行けるよう、交流を深めていました。

サイト内リンク



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
用瀬町総合支所 産業建設課
電話0858-87-3786
FAX0858-87-2270
メールアドレスmc-sangyo@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ