ピックアップインフォメーション

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります
~国保の財政責任主体が市町村から都道府県に移行します~

問い合わせ先 駅南庁舎保険年金課 TEL: 0857-20-3481・3485 FAX: 0857-20-3407

◆なぜ制度が変わるの?

 社会保険に加入していない人の受け皿となる国保は、「年齢構成が高く、医療費水準が高い」、「加入者の所得水準が低い」などの構造的な問題を抱え、赤字の保険者が増えるなど市町村単位の枠組みでは財政運営が困難になってきています。
 将来にわたって国民皆保険を続けていくために、これまでの市町村単位の仕組みに加え、平成30年度から都道府県も国保の運営責任を担うことになりました。

◆何が変わるの?

見直しの柱
▶国の責任として約3400億円の追加的な財政支援が行われます。
▶都道府県と市町村がともに国保の保険者となりそれぞれの役割を担います

◆どんな効果があるの?

効果(1) 財政の安定化
▶県は各市町村の医療費や所得の水準をもとに市町村ごとに「国保事業費納付金」を決定します。
▶県は市町村が納付した納付金に国などから交付される公費を加え、国保の保険給付に必要な全額を市町村に支払います。
▶これにより市町村の財政運営が従来よりも大きく安定します。
効果(2) 保険料負担の公平
▶県内で公平な保険料負担で支え合うため、県は納付金の納付に必要な市町村ごとの「標準保険料率」を示します。
▶これまでは市町村ごとに個別に給付費を推計して保険料を決定してきましたが、今後、市町村は県が示した「標準保険料率」を参考に保険料率を決定します。
▶これにより県内の市町村間で比較が容易にできるようになります。
効果(3) 保険者機能の強化
▶県は、財政運営の安定化や効率化のため、県内の統一的な運営方針を策定し、県内市町村が担う事務の広域化、標準化を推進していきます。
効果(4) サービスの拡充
▶広域化により県内の市町村間で引っ越した場合でも、引っ越し前と同じ世帯であれば、高額療養費の支払回数のカウントが通算され、経済的な負担が軽減されます。

◆今後の手続きはどうなるの?

▶国保の窓口は、平成30年度以降も引き続き鳥取市です。(資格管理、保険料率決定、保険料の賦課・徴収、保険給付、保健事業など)
▶平成30年度以降の一斉更新から、新しい保険証に都道府県名も表記されます。

国保が変わります

国保は、国民皆保険の最後の砦です。持続可能な制度となるために鳥取県と県内市町村の間で協議を進めています。国保の制度見直しにご理解、ご協力をお願いします。

■国民健康保険制度におけるマイナンバーによる情報連携が始まっています。
 今後、地方公共団体などとの情報連携が本格運用されれば、法定の一部手続きについては、申請に係る添付書類が省略されます。試行運用期間中は、引き続き添付書類を求めますので、ご理解とご協力をお願いします。


 

任期付短時間勤務職員(保育士)募集

問い合わせ先 本庁舎職員課 TEL: 0857-20-3107 FAX: 0857-20-3040

【任期付短時間勤務職員】

 任期が最大3年であること、勤務時間が週31時間であること、定期昇給がないこと、生活関連手当(扶養手当・住居手当など)や退職手当が支給されないことを除き、概ね任期の定めのない職員と勤務条件や業務内容は同じです。

【申込受付期間】

保育士:9月1日(金)〜29日(金)

※試験内容などの詳細については、受験案内をご確認ください。受験案内は、申込受付期間中に市役所本庁舎1階総合案内所・2階職員課、駅南庁舎1階総合案内、各総合支所、鳥取市関西事務所などで配布します。


 

国府町万葉ウォークラリー大会

問い合わせ先 国府町万葉ウォークラリー実行委員会(教育委員会事務局 国府町分室内)(〒680-0152 国府町庁380)
TEL: 0857-24-1642 FAX: 0857-24-0692

と き
10月7日(土)9:00〜(受付8:00〜)
※小雨決行
ところ
集合場所:殿ダム記念広場殿ダム交流館前
内 容
国府町成器地区一円6キロ
参加料
1人200円
※中学生以下・65歳以上の人は無料
募 集
1チーム3~6人で、9月19日(火)までに、参加申込書を問い合わせ先まで