このページではJavaScriptを使用しています。

空き家会議”これからまちをどう使う?”について

空き家会議

      

概要

 空き家・空き店舗などを使ってまちの魅力を高めていく「リノベーションまちづくり」。鳥取市では“若者が進学等の際に県外へ転出しその大部分が帰ってこない”という現状がある中、市民が街なかで様々なことにチャレンジできる環境づくりに取り組んでいくこととしています。そして、大人たちが楽しい暮らしを自ら作りだしたり、街を楽しんでいたりすることが日常である街を、目指しています。

 

 このたびリノベーションまちづくりの一環として、街なかにおける「働、遊、学、住」といった4つのテーマを追求すべく、まちのキーパーソンを招いてトークイベントを定期開催していくこととなりました。そしてその会場は、主に街なかの何かが始まる場所である、遊休不動産を会場とした「空き家会議」形式で定期開催していきます。

 

 ご参加いただいた方が街で何かしたくなる、街をもっと楽しみたくなる、そんなきっかけとなる時間や場をまずは作っていきます。

 

空き家会議vol.1「働」

 

【トークゲスト(&ライブアクター)】

 

 

Ypub&hostel 店長

   中川 薫 (なかがわ かおる)

 

 今全国から旅人が訪れることで有名な、湯梨浜町松崎にあるゲストハウス「たみ」。大学卒業後に鳥取へIターンし、たみの第2号店となる鳥取駅前のゲストハウス「Ypub&hostel」にて若くして店長を務める。

 

 

FROLIC 代表

   藤原 亮太 (ふじわら りょうた)

 

  昔ながらのレトロな雰囲気はそのままに、今、若者に注目されるショップやカフェが軒を連ねる川端銀座通り。その初期に一角にてセレクトショップを開業し、その後の流れの一翼を担う。

 

 

鳥取市役所 主任

   藤田 大介 (ふじた だいすけ)

 

 鳥取市役所にて都市計画所管課に所属。マクロな業務をこなす中、ある日突然、リノベーションスクール@浜村温泉の担当を命ぜられる。空き家の利活用を進めるため悪戦苦闘する毎日が始まるが・・・。

 

 

 

【日 時】  2017.9.1(金)18:20~(18:00より開場)

【場 所】  サンロード内 旧山根青果店(鳥取市栄町620)

【参加費】 申込不要/無料 ※参加者多数の場合、会場に入れない場合があります

                 ※会場では、軽食とドリンクをキャッシュオンで販売しています

【次 第】

 18:00 オープン

 18:20 オープニングアクト(鳥取市)

 18:30 ライブアクト    (ゲスト)

 19:00 クロストーク    (ゲスト&参加者)

 20:00 空き家Bar     (フリータイム)

 21:00 クローズ

 

【フライヤー】

 

「リノベーションまちづくり」に戻る



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 中心市街地整備課
電話0857-20-3276
FAX0857-20-3048
メールアドレスshigaichiseibi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)