このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市は、中心市街地で空き家・空き店舗等の利活用を共に進める仲間(地域おこし協力隊)を募集しています!

 

空き店舗を会場にまちの使い方を考える”空き家会議”

まちのお店を仲間とつくる

空き店舗を使った一夜だけのバー"空き家bar"

まち歩きでそこにしかない魅力をPR

まちの空きスペースを遊び場に!

老舗デパート屋上が市民に開かれた憩いの場に

 

【鳥取市の概要】

 鳥取市の中心市街地は、鳥取城跡等の歴史文化資源を有し、多様な機能が集積した山陰東部の経済・交流の中心です。

 一方で、少子高齢化、事業所の減少、地価の下落が進展するとともに、空き家・空き店舗等の遊休不動産が増加傾向にあります。このため、本市では遊休不動産の利活用を通じて、産業の振興や雇用創出、居住を推進し、まちの魅力を高める取り組みを進めています。

 この取り組みを推進するためには、リノベーションまちづくりで利活用可能な遊休不動産の掘り起こしとともに、不動産オーナーと借主(事業者等)とのマッチングを行うことが重要となってきています。そこで、地域の現状や不動産オーナーの意向をより的確に把握し、地域住民や大学、民間まちづくり会社等とともに遊休不動産の利活用に積極的に取り組んでいただける「地域おこし協力隊」を1名募集します。

 

  *現在の取り組みはこちらをご覧ください*

    ・鳥取市リノベーションまちづくり構想

    ・空き家会議

    ・リノベーションスクール@鳥取

    ・とっとリノベーション(※外部リンク)

 

1 募集人数

   1名

 

2 雇用関係の有無

   あり

 

3 勤務場所

   鳥取市中心市街地区域内

   

4 活動内容

  ・中心市街地の遊休不動産に関する調査及び利活用

  ・中心市街地の産業振興、居住推進、魅力創出・発信につながる取り組み

  ・任期終了後の隊員自身の定住や起業を目指すための取り組み

    *具体的な業務内容は隊員、市、関係者との協議で定めていきます。

    *他市リノベーションスクールの受講を研修の一環として予定しています。

 

5 募集対象

  (1)    年齢20歳以上(平成29年9月1日現在)

  (2)    性別・学歴は不問

  (3)    地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

  (4)    3大都市圏をはじめとする都市地域等から生活の拠点を鳥取市内へ移し、住民票を移動させることができる方

     (委嘱される前に鳥取市内に定住または定着している方を除く。)

      ※お住まいの地域が対象となるか不明の場合はお問い合わせください。

  (5)    地域おこしに深い理解と熱意を有し、かつ、積極的に活動する意欲がある方

  (6)    心身ともに正常な状態で誠実に職務が遂行できる方

  (7)    地域住民、関係者等と積極的にコミュニケーションをとることができる方

  (8)    基本的に3年間は継続して活動することができる方

  (9)    一般的なパソコン操作ができる方

  ※その他、普通自動車免許・宅地建物取引業免許・建築士免許等お持ちであれば応募用紙にご記入ください。

 

6 雇用形態及び期間

  (1)    鳥取市の嘱託職員として市長が任命します。

  (2)    任命期間は、平成29年11月1日(任命予定日)から平成30年3月31日までとします。

      ただし、最長で平成32年10月31日まで更新することができます。

 

7 給与及び賃金等

   月額166,000円(毎月21日支給、賞与はありません。)

  ※ただし、月の中途に委嘱した場合には、日数に応じて日割り計算とします。

 

8 勤務時間

   ・勤務時間は、午前8時30分から午後5時15分までの範囲内で調整します。

    休日に活動した場合は、振替対応とします。

   ・勤務時間は、原則として週29時間とします。

 

9 有給休暇

    1年につき5日(1年目11月1日委嘱の場合)

 

10 待遇・福利厚生

   ・鳥取市の中心市街地内に居住していただきます。住居は、鳥取市が手配します。

    なお、隊員による家賃の負担はありませんが、転居にかかる費用、光熱水費、その他の生活費は、

    個人負担とします。

   ・社会保険(雇用保険、厚生年金、健康保険)に加入します。

   ・活動に必要な経費は、予算の範囲内で鳥取市が負担します。

    ※一年目は、他都市リノベーションスクールの受講にかかる費用と、

      リノベーションまちづくり推進にかかる費用を計上しています。

 

11 申込受付期間

    平成29年9月6日(水)~平成29年10月6日(金)

 

12 審査方法

応募受付

   郵送又は持参で受け付けます。なお、提出された書類は返却しません。

提出書類

   ・応募用紙

   ・レポート(応募の動機 、意気込み、従事したい活動やその活動に活かせる経験等を

    1,000字程度でアピールしてください。)

    *応募用紙は鳥取市ホームページからダウンロードしてください。レポート様式は自由。

    *応募用紙は、直筆でお願いします。

選考方法

   ●第1次選考【書類選考】

     書類選考の上、平成29年10月上旬に結果を応募者全員に発送及び電話連絡します。

   ●第2次選考【面接】

     第1次選考合格者を対象に、平成29年10月中旬に鳥取市役所において第2次選考(面接)を行います。

     詳細については、第1次選考  結果の通知の際にお知らせします。

     なお、面接の結果は、発送及び電話連絡します。

     ※第2次選考(面接)の際に、住民票抄本を提出してください。

     ※書類申請費用、交通費等の応募に係る経費は個人負担とします。

 

13 応募先・問い合わせ先

    〒680-8571

    鳥取県鳥取市尚徳町116番地 鳥取市都市整備部中心市街地整備課(担当:田中・寺坂) 

    電話 0857-20-3276   ファクシミリ 0857- 20-3048

    電子メール shigaichiseibi@city.tottori.lg.jp

 

14 募集チラシ

 

 

15 鳥取市の街なか暮らしについて

 鳥取市では、中心市街地に転入された方の暮らしに関する意見等を把握するとともに、暮らしの体験等について情報発信することにより、中心市街地の居住施策の推進につなげていくため、平成28年6月より居住モニターを設置しています。

 

http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1468912463342/index.html

 

 街なかにお住いのモニターの方々による、下記レポートも街の様子の参考にしてください。

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
都市整備部 中心市街地整備課
電話0857-20-3276
FAX0857-20-3048
メールアドレスshigaichiseibi@city.tottori.lg.jp
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)