このページではJavaScriptを使用しています。

収入保険制度の導入について

 

 

収入保険制度の概要

 品目枠にとらわれず、すべての農業経営品目を対象とし、農業経営者ごとの収入全体を見ることによって、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補填する制度です。

 農業者は、保険料・積立金を支払って加入(任意加入)します。

 農林水産省では、平成31年1月1日からの開始に向けて、農業者の加入申請受付を予定しており、現在そのための準備を進めているところです。

 

対象者

 収入保険制度に加入できる方は、青色申告を行い、経営管理を適切に行っている農業者(個人・法人)です。

 収入保険に加入するために必要な青色申告は、簡易な方式でよく、1年の実績があれば加入できます。

 平成31年に収入保険制度に加入できる農業者は、平成29年の所得を青色申告で行っている方のみになりますが、平成32年から加入を希望する農業者の方で、現在青色申告を行っていない場合は、平成30年3月15日までに最寄りの税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。

 

 

*収入保険制度については、農林水産省のホームページをご覧ください。

  農林水産省ホームページ:「収入保険制度の導入及び農業災害補償制度の見直しについて」



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
農業委員会 農業委員会事務局
電話0857-20-3392
FAX0857-20-3043
メールアドレスnogyoiin@city.tottori.lg.jp
アクセス アクセスカウンタ