このページではJavaScriptを使用しています。

鳥取市新本庁舎新築工事の起工式について

平成29年11月21日、新本庁舎建設地で施工者主催のもと起工式が執り行われました。

 

まず安全祈願祭が行われ、各施工者とともに、市長、市議会議員、地元関係者、設計者などが臨席し、 工事の安全を祈願しました。引き続き、起工式が執り行われ、発注者の深澤市長、来賓を代表して下村市議会議長、設計者を代表して江副株式会社久米設計取締役副社長執行役員、施工者を代表して武澤東洋建設株式会社代表取締役社長が、着工にあたり新本庁舎への期待と決意をそれぞれ述べました。深澤市長は、「新本庁舎は、市有施設では初となる免震装置などの防災機能を備えるとともに、高い環境性能を併せ持ち、分かりやすい案内表示や動線など誰もが利用しやすく設計されています。山陰東部圏域の一体的な発展の礎として、市民のみなさんに長く愛される庁舎となるよう、今後も関係者一同が一致団結し取り組みを進めます」と述べました。

 

新本庁舎は、7階建の鉄骨鉄筋コンクリート造で延床面積20,120.26平方メートルの庁舎棟、2階建の鉄骨造で延床面積2,149.24平方メートルの市民交流棟で構成され、平成31年8月完成、同年秋の供用開始を目指しています。

 

 

【安全祈願祭】

 

【起工式で挨拶を述べる深澤市長】



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
庁舎整備局 庁舎整備局
電話0857-20-3012
FAX0857-20-3029
メールアドレスchoshaseibi@city.tottori.lg.jp