このページではJavaScriptを使用しています。

納税(納付)の猶予制度について

 特段の事情で市税等が一時的に納付できない場合、その事情に応じて一定の期間、納税(納付)を猶予することができます。

 市税・国民健康保険料の納付のことでご相談がありましたら、徴収課の窓口へお越しください。

 

1.徴収の猶予

 

    災害や病気等以下のような事情により、市税等を一時に納付できない場合、申請に基 

   づい審査を行い、認められた場合は、納付を一定期間猶予する制度があります。

 

  (1) 災害、または盗難にあったとき

 

  (2) 本人や家族が病気や負傷したとき

 

  (3) 事業を廃止、または休止したとき

 

  (4) 事業につき著しい損失を受けたとき

 

 

   ※ 申請期限はありませんが、猶予を受けようとする期間より前に申請してください。

   ※ 猶予される期間は原則1年以内(特段の事情が認められる場合は、最長2年)です。

    (国健康保険料は6ヶ月以内です。)

   ※ 猶予に係る金額が100万円を超え、かつ、猶予期間が3月を超える場合は、原則と 

     し担保(土地・有価証券等)が必要です。(国民健康保険料は不要です。)

 

 

 

2.換価の猶予

 

    財産の換価をただちにすることにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそ

   れがあるなど一定の要件に該当するときは、申請に基づいて審査を行い、認められ

   た場合は財産の差押や換価(売却)を一定期間猶予する制度があります。

 

   ※ 猶予を受けようとする市税等の納期限から6ヶ月以内に申請してください。

   ※ 猶予される期間は原則1年以内(特段の事情が認められる場合は、最長2年)です。

   ※ 猶予に係る金額が100万円を超え、かつ、猶予期間が3月を超える場合は、原則と

      して担保(土地・有価証券等)が必要です。

 

 

 



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
総務調整局 徴収課
電話0857-20-3431
FAX0857-20-3403
メールアドレスtyosyu@city.tottori.lg.jp