このページではJavaScriptを使用しています。

2017第2回鳥取リノベーションまちづくり講演会を開催しました!

 

鳥取市では、中心市街地の空き家、空き店舗などの遊休不動産をリノベーション手法により再生することで産業と雇用を生み出し、建物単体だけではなく、まち(エリア)の価値を高める「リノベーションまちづくり」の取り組みを進めています。

 

2017第2回鳥取リノベーションまちづくり講演会では、らいおん建築事務所 代表取締役の嶋田洋平氏を

講師にお招きし、「リノベーションまちづくり~縮退時代の戦略的都市政策~」をテーマにお話しいただきました。

これまでの仕組みや考え方自体をリノベーションして、新たな価値を見出していく。

嶋田洋平さんの、行政に向けたお話しや実践を元にした非常に参考となる講演内容だったと思います。

当日は100名近くのご来場があり盛況のうちに講演会を終えました。

ご参加いただいたみなさまからは、

 ・実体験に基づいた多くの事例紹介があり、分かりやすかった。

 ・話しがおもしろく、引き込まれました。

 ・非常にためになった。今後、リノベーションをするプレーヤーになりたいと思った。

 ・地方都市の中心市街地はこのまま衰退していくしかないと思っていましたが、

  やり方によってはいくらでも活性化できる方策はあるのだということが理解できた。

 ・かなり刺激的でした。行政目線の話でしたが、学生の私でもとても分かりやすく聞くことと、

     頭の中でのイメージがしっかりとできました。

 ・リノベーションスクールに参加したい。

など、多くの反響をいただきました。

 

さて、そんな全国で活躍される素晴らしい方々を講師としてお招きし開催する「第4回リノベーションスクール@鳥取」を、

1月26日~28日に開催します。

最終日の公開プレゼンテーションは一般の方もご覧いただけますので、何か事業を始めたいと思っておられる方は

もちろん、建築・不動産・金融・デザイン・まちづくりなどに興味をお持ちの方は、ぜひお越しください。お待ちしています!

 

 

開催日時

平成29年12月5日(火)

16:00から18:00まで

 

会場

鳥取県庁 講堂 (所在地:鳥取市東町1丁目220)

 

テーマ

リノベーションまちづくり~縮退時代の戦略的都市政策~

 

講師

    

 嶋田 洋平 さん

(しまだ ようへい)

らいおん建築事務所代表取締役

北九州家守舎代表取締役

リノベリング代表取締役

タンガターブル代表取締役

神田川ベーカリー代表取締役

TheCave取締役

 

プロフィール 

1976年福岡県生まれ。東京理科大学理工学研究科建築学専攻修士課程修了後、建築設計事務所「みかんぐみ」チーフを経て、2008年らいおん建築事務所を設立。2012年北九州家守舎を、その翌年には都電家守舎を設立し、生まれ育った北九州市の小倉、そして家族と暮らす豊島区雑司が谷の間を行き来しながら縮退エリアにおけるリノベーションまちづくりによる再生事業を行っている。小倉魚町での実践によって「国土交通大臣賞」「都市住宅学会業績賞」「土地活用モデル大賞審査委員長賞」「日本建築学会賞教育賞」を受賞。著書に「ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり」(日経BP社)、共著に「2025年の建築 七つの予言」(日経BP社)、「最高に気持ちいい住まいのリノベーション図鑑」(エクスナレッジ)等。日経アーキテクチュア「アーキテクト・オブ・ザ・イヤー2017」第2位に選定

http://www.lion-kenchiku.co.jp/

 

開催者

主催 鳥取市 

共催 鳥取県、一般社団法人鳥取県建築士会、鳥取市中心市街地活性化協議会、住もう鳥取ネット

企画 株式会社リノベリング

 

お問い合せ先

鳥取市都市整備部中心市街地整備課

〒680-8571 鳥取市尚徳町116番地

TEL:0857-20-3276

FAX:0857-20-3048

E-mail:shigaichiseibi@city.tottori.lg.jp

 

チラシ

(下記ダウンロードのリンクをクリックするとPDFデータを保存できます。)

開催日:2017年12月5日 から 12月5日


質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
アクセスカウンタ

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)