このページではJavaScriptを使用しています。

第2期鳥取市農業振興プラン


 

1.策定の趣旨・経過

 

 鳥取市は、平成25年5月、鳥取市の農業のあるべき姿、めざすべき方向、おもな施策などをまとめた「鳥取市農業振興プラン(平成26年一部変更)」を策定し、各種施策・事業を展開してきました。

 このたび、本プランの計画期間が終了することを踏まえ、平成30年度から5年間の新たなプランとして「第2期鳥取市農業振興プラン」を策定しました。

 

5月~11月

原案作成(内部検討会:11回)

12月1日~1月中旬

関係課及び関係団体等への意見照会(意見数:関係課10件、関係団体18件、農業委員10件、農地利用最適化推進委員46件)

12月11日

市議会12月定例会文教経済委員会にて中間報告

2月1日~28日

市民政策コメント(意見数:10件)

2月23日・3月9日

市議会2月定例会文教経済委員会にて最終報告

3月30日

新プラン完成

2.第2期プランのポイント

(1)農業を重要な「地場産業」として位置づけ

 

 【基本目標】

  本市の「地場産業」として農業を再生することにより、雇用創出ならびに地域経済の活性化に

  つなげる

 

(2)前提として4つの重点課題を設定

 

 【1】担い手の呼び込み・育成

 【2】産地としての生産力維持・拡大

 【3】農業生産基盤の維持

 【4】販路開拓

 

(3)進捗状況を明確化するため、12項目にわたる「目標指標」を設定

 

 【1】認定新規就農者数(新規)

 【2】認定農業者数(新規)

 【3】企業参入数(行政関与分)

 【4】主要品目生産規模

  【米(きぬむすめ)、梨、らっきょう、白ねぎ、アスパラガス、ブロッコリー、肉牛、地鶏、

   椎茸(とっとり115)】

 【5】中心経営体への農地集積面積(新規)

 【6】食品関連企業とのマッチング数(行政関与分)

 【7】6次産業化の取組み事例(行政関与分)

 【8】鳥獣被害面積

 【9】狩猟者登録数

 【10】イノシシ捕獲頭数(年間)

 【11】二ホンジカ捕獲頭数(年間)

 【12】GAP認証の取得数(年間)

 

(4)基本施策に新たな要素を追加

 

 【1】鳥取市農業公社等、第3セクターの機能強化(基本方針1.担い手の確保)

 【2】(仮称)麒麟のまち連携中枢都市圏

     (基本方針1.担い手の確保、基本方針6.農業生産の安定化)

 【3】食品ロスの削減(基本方針5.6次産業化・農商工連携の推進)

 【4】農観連携・農業版ワーキングホリデー(基本方針5.6次産業化・農商工連携の推進)

 【5】スマート農業の推進(基本方針6.農業生産の安定化)

 【6】気象災害等の防止・復旧支援(基本方針6.農業生産の安定化)

 【7】クラウドファンディングの活用(基本方針6.農業生産の安定化)

 【8】GAP等の認証所得の推進(基本方針6.農業生産の安定化)

 

 

第2期農業振興プラン(完成版).pdf(441 KB)



質問:このページの内容は参考になりましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?
質問:このページはどのようにしてたどり着きましたか?
-お問い合わせ-
農林水産部 農業振興課
電話0857-20-3232
FAX0857-20-3047
メールアドレスnousui@city.tottori.lg.jp