鳥取市保健所 > 環境衛生 > 生活衛生業務 > 温泉の定義

温泉の定義

 温泉とは

  温泉法における温泉とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、温度が25℃以上又は以下の溶存物質が1kg中に規定量以上含まれているものとされています。

溶存物質一覧

物質名

含有量

(1kg中)

物質名

含有量

(1kg中)

溶存物質

(ガス性のものを除く。)

総量

1,000mg以上

フッ素イオン

(F‐)

2mg以上

遊離炭酸

(CO2)

250mg以上

ヒドロひ酸イオン

(HASO42‐)

1.3mg以上

リチウムイオン

(Li+)

1mg以上

メタ亜ひ酸

(HASO2)

1mg以上

ストロンチウムイオン

(Sr2+)

10mg以上

総硫黄(S)

〔HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの〕

1mg以上

バリウムイオン

(Ba2+)

5mg以上

フエロ又はフエリイオン

(Fe2+、Fe3+)

10mg以上

メタほう酸

(HBO2)

5mg以上

第一マンガンイオン

(Mn2+)

10mg以上

メタけい酸

(H2SiO3)

50mg

水素イオン

(H+)

1mg以上

重炭酸ソーダ

(NaHCO3)

340mg以上

臭素イオン

(Br-)

5mg以上

ラドン

(Rn)

20×10‐10Ci以上

沃素イオン

(I-)

1mg以上

ラヂウム塩

(Raとして)

10-8mg以上

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

環境局 環境・循環推進課
TEL:0857-20-3671
FAX:0857-20-3687
メール:kankyojunkan@city.tottori.lg.jp