鳥取市保健所 > 環境衛生 > リサイクル・廃棄物 > 産業廃棄物を事業所の外で保管する際の事前届出制度

産業廃棄物を事業所の外で保管する際の事前届出制度

 排出事業者は、建設工事に伴い生じる産業廃棄物を、排出した事業場の外において自ら保管(保管の用に供される場所の面積が300㎡以上の場所で行うものに限る。)を行おうとするときは、原則としてあらかじめ保管場所を所管する都道府県等(中核市を含む)に届け出なければなりません。
 ・ただし、非常災害のために必要な応急措置として保管を行うときは、保管した日から14日以内に届出。
 ・産業廃棄物の保管については、産業廃棄物処理基準が適用される。
 ・届け出た事項を変更しようとするときは、事前に届出が必要。また、保管をやめたときは、30日以内に届け出なければならない。
 ・特別管理産業廃棄物についても同様に保管届出が必要。
 

 届出様式

 ・産業廃棄物事業場外保管届出書(Word)
 ・産業廃棄物事業場外保管変更届出書(Word)
 ・産業廃棄物事業場外保管廃止届出書(Word)
 ・特別管理産業廃棄物事業場外保管届出書(Word)
 ・特別管理産業廃棄物事業場外保管変更届出書(Word)
 ・特別管理産業廃棄物事業場外保管廃止届出書(Word)
 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

環境局 環境・循環推進課
TEL:0857-20-3668
FAX:0857-20-3687
メール:kankyojunkan@city.tottori.lg.jp