鳥取市保健所 > 食品衛生 > 食中毒とその予防 > 食中毒予防の3原則

食中毒予防の3原則

 細菌やウイルスなどの微生物による家庭における食中毒は、食中毒予防の3原則を守ることで防ぐことができます!
 食中毒予防の3原則⇒食中毒菌を『付けない 増やさない やっつける』

 

食中毒菌を『付けない』

 目に見えない食中毒菌は、魚や肉、野菜などの素材についていることがあります。この食中毒菌が手や調理器具を介して他の食品を汚染し、食中毒の原因となることがあります。
 食材にふれる時は、まず石けんで十分に手を洗い、野菜や魚など水で洗える材料も丁寧に洗いましょう。

 

食中毒菌を『増やさない』

 食中毒菌が付いてしまった食品も、食品中で細菌が増えなければ、食中毒になりません。細菌を増やさないためには、「温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうち」に、食べることが大切です。保存するときは、冷蔵庫や冷凍庫を使いましょう。

 

食中毒菌を『やっつける』

 食中毒を起こす細菌はほとんどが熱に弱く、食品に付いていても加熱すれば死んでしまいます。食品を調理するときは、中心部までしっかりと加熱することが重要です。また、食器や調理器具は、洗浄したあと、熱湯や塩素系漂白剤で消毒しましょう。

 

 詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。
 

このページに対するアンケートにお答えください

このページの内容は参考になりましたか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページはどのようにしてたどり着きましたか?

このページに関するお問い合わせ先

鳥取市保健所 生活安全課
TEL:0857-20-3677
FAX:0857-20-3687
メール:shokuhin@city.tottori.lg.jp